ワールドトリガー【第176話】最新話のネタバレ考察!ROUND8の対戦相手とその対策とは…!

スポンサーリンク

3月4日発売のジャンプSQ.4月号に掲載予定
ワールドトリガー【176話】の考察をまとめました。

ここに注目して読むとワールドトリガーはもっと面白い』という情報をお伝えします。

※この記事はネタバレを含んだ内容になっております。

 

ワートリ【第174・175話】「東隊②」「ヒュース⑦」のおさらい

ワールドトリガー最新話174・175話「東隊②」「ヒュース⑦」ネタバレあらすじと、ここまでの簡単なおさらいです。

前回(174話・175話)のおさらい

ジャンプSQ.3月号に掲載された内容では、以下の大きな出来事がありました。

  • 東隊は撤退を選択。
  • ヒュースはモールの東隊を追う
  • ヒュースは撃破されるが東の足にダメージ
  • 試合が終了し玉狛が生存 6点の獲得


というお話でした。

 

【第174話・第175話】を読んでいない方はこちらからどうぞ!

ワールドトリガー 【第174話】最新話のネタバレ!東隊の撹乱に揺れる修…!

2019.02.04

ワールドトリガー 【第175話】最新話のネタバレ!ROUND7 ついに決着!!

2019.02.04

ワートリ【176話】展開予想・考察

B級上位ランキングについて

まずは、175話終了時のB級上位ランキングを見てみます。

B級順位
1位 二宮隊   37点
2位 影浦隊   36点
3位 玉狛第二  36点
4位 生駒隊  30点
5位 東隊   29点
6位 王子隊   28点

同点の場合、シーズン開始時の順位が高い方が上になるので、影浦隊が2位となります。

また、上記はROUND7昼の部の数字のため、ここから夜の部で得点ランキングは変動します。
ROUND8は、このランキングのまま始まるというわけではありません。

玉狛の場合、今シーズン組んだばかりのチームなので、
遠征選抜の条件B級2位以上に到達するには、2位タイの数字ではいけないということになります。

 

ROUND8対戦相手予想

ROUND8のマッチング予想ですが、
二宮隊、生駒隊とは戦う可能性が高いと考えられます。

二宮隊は、シーズンラストに相応しいラスボスとして立ちはだかる相手であり、

生駒隊とは、前回合計点こそ勝ったものの、最後まで生存を許した間柄でもあります。

二宮隊にしても、生駒隊にしても、リベンジ要素があるため、新生玉狛の腕の見せ所として相応しい相手だと考えられるからです。

また、上位ランキングの変動によっては、
まだマッチングしてない弓場隊を含めた四つ巴になる可能性も捨てきれません。

未知と最後に組み合わされると、予期せぬ事態も出てくるので、
何にせよ、地力の強さが試されるROUND8になりそうです。

 

ヒュースの隠した変化弾(バイパー)

ヒュースはROUND7において、変化弾(バイパー)を撃たずに、通常弾(アステロイド)に見せかけて戦い通しました。

蝶の盾(ランビリス)を使いこなすヒュースだけあって、弾道の軌道を変えられるバイパーは、相性抜群の弾といえます。

ROUND7終了後、大量得点が見込めないと踏んで、次の試合に向けてバイパーを温存したことを修に話したヒュース。

これにより、ROUND8では相手に不意打ちを与えることができます。

中距離戦に強い二宮隊相手にしても、近距離が強い生駒隊相手にしても、
ROUND7のように空閑と連携したり、エスクードを壁にしながらバイパー放つことができれば、
相手にとって厄介な存在になることは間違いありません。

ヒュースはトリオン量も豊富なため、
ROUND7のような時間差射撃をバイパーで行うということもできます。

ROUND8に温存した分、バイパーを使ったヒュースの活躍は楽しみですね。

 

スポンサーリンク

ワートリ【176話】展開予想・考察 まとめ

今後の展開予想・考察のポイントをまとめました。

ポイント
    • 2位タイでは選抜されないため、勝ち越さなければならない。
    • 次戦は、二宮隊、生駒隊、弓場隊とマッチングする確率が高い。
    • ヒュースのバイパーの活躍に注目。


以上、ワールドトリガー176話に向けての考察・予想でした!

次号ジャンプSQ.4月号は3月4日、月曜日発売です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です