ハイキュー!!【第332話】最新話のネタバレ・感想・考察!赤葦の苦悩!

スポンサーリンク

2018年12月22日発売、週刊少年ジャンプ4.5合併号の最新話!

ハイキュー!!を読んだので

【第332話】「スター」のネタバレ・感想・考察をまとめました。

 

執拗な木兎封じによる、梟谷へのストレスとプレッシャー。
少しずつプレイに乱れが生じてくる、セッター赤葦。

だが、そんな狢坂の全ての作戦を黙らせる木兎の鋭いインナースパイク。
一方、赤葦は自分の失敗・メンタルへのダメージを払拭しきれずにいた…。

 

前話【第331話】「エースのさだめ」を読んでいない方はこちらからどうぞ!

ハイキュー【第331話】最新話のネタバレ・感想・考察!赤葦と木兎の出会い!

2018年12月17日

次話【第333話】「タスクフォーカス」はこちらからどうぞ!

ハイキュー!!【第333話】最新話のネタバレ!赤葦の復活!

2019年1月8日

※この記事はネタバレを含んだ内容になっております。

【第332話】「スター」のネタバレ

男子、三日会わざれば刮目して見よ

場内実況
「うわーこれは 凄いコース!
アタックラインの前でしたねー!」

木兎
「ヘイヘイヘイ
行くぜ 行くぜ 遅れんじゃねぇぞ!」

梟谷メンバー
「うおーーー!」

超インナースパイクを決めた後、
『対木兎シフト』をものともしない鋭いスパイクを何度も決めていく木兎。
狢坂19点―梟谷16点と12点から覚醒をはじめ、着々と点数を重ねていく。

梟谷メンバーもギャラリーの烏野メンバーも木兎のテンションに飲まれあがっていく。
烏野は特に、木兎を“師匠”と仰ぐ、主人公日向 翔陽(ひなた しょうよう)と
田中 龍之介(たなか りゅうのすけ)のテンションがあがっている様子。

20-17

ここで木兎のサーブターン。
綺麗なフォームでジャンプし打ち切ったボールは、
そのまま吸い込まれるように狢坂コートのエンドラインすれすれに叩きこまれノータッチエース。

場内実況
「止まらないっ
木兎光太郎が止まらないーー!!!」

『遅れんじゃねぇぞ』

赤葦が思わず“すごい”と言葉を漏らす。
と同時に、先ほど木兎がはなった言葉を噛みしめる。

全日本男子代表チーム監督 雲雀田 吹(ひばりだ ふき)
「いや~ いっつもこうだったらね~!」

関係者
「!監督いらしてたんですか」

雲雀田
“男子、三日会わざれば刮目して見よ”か」

 

〇〇な戦い

2回目の木兎サーブ。
蝦夷田(えぞた)がレシーブし多少の乱れがあるものの、
トスが桐生へあがり、乱れなどなかったかのようなスパイクで点をとる。

サーブ権は狢坂に渡るが、これを木兎があげ鷲尾のスパイク。
点は決まらぬまま、狢坂のチャンスボールで桐生が打ち込んでくる。
だが、テンションがあがり集中力が増している梟谷、小見がこれをレシーブ。

場内実況
「上げている!
しかしネットに近いか……!」

“乗り遅れるな”

赤葦
(繋げ なんとしても…!)

最初のレシーブで、ネットに近くなってしまったボールに飛びつき
片手でのトスで鷲尾にあげた赤葦。
これを打ち切りボールは狢坂のコートに落ちる。
しかし…

ピッ!
審判による狢坂得点の合図。
ジェスチャーで表しているのは“キャッチボール”のしるし。
(ホールディング※ボールを持ったり、掴んだりする反則)

木兎
「惜しーっ」
鷲尾
「次一本」
小見
「オッケ オッケー!」

赤葦
「…すみません」

(…ヤバイ 切り替えろ 切り替え
表情に出すな
“今こんな”思考無意味だ
ストップ ストップ スト)

(…俺が影山や宮侑のようであれば

ストップ!!)

~観客席 音駒~

山本
「…あるよなあ
やる事なす事上手くいかない時って」

弧爪
「やっぱ今日赤葦ヘン」

山本
「まあ 緊張する事もあんだろ」

弧爪
「キン…チョウ…?」

山本
「あの“九州の桐生”相手だし」

弧爪
「虎“キリュウ”好きだよね
剃り込めば」

山本
「バカヤロウ 頭部がゴチャゴチャし過ぎんだろうが」

黒尾
(…赤葦は大抵 冷静だけど
同時に真面目で義理堅い奴だ
要らんプレッシャー抱えてる可能性はある)

山本
「さっき 烏野との試合の時
一瞬 この会場も音も天井も全部消えて
練習試合やってるみたいな感覚になった

“負けたら終わり”だとか烏野のマッチポイントだとか
そういう恐怖心も焦りも全部消えて 1点とる事だけ考えてた

『練習は本番のように 本番は練習のように』って言うだろ
それをどれだけの奴ができんのかって事だよ 俺はラッキーだった
“良い試合”なんて そういつもできない」

視線を試合に戻す音駒メンバー達。
コートでは、メンバーチェンジが行われようとしていた。

木兎
「赤葦 チョーシ悪いなら 一回替われば
あ ホラ」

赤葦
「…スミマセン」

木兎
「お前
『絶対に負けられない戦い』とか思ってない?」

赤葦
「!」

木兎
「ズボシ~ じゃあさ
『今まで 負けてもいい戦いはあった?』

梟谷学園メンバーチェンジ
IN 10番 穴掘
OUT 5番 赤葦

木葉
「自分がチョーシ良いからって おめーはよー」

木兎
「赤葦は俺みたいにガキじゃないから
ベンチに下げられたからってイジケたりしない
短時間で冷静に戻るよ」

『だって 赤葦だもん』

 

同じく2018年12月22日発売、週刊少年ジャンプ4.5合併号に
同時掲載されていた最新話はコチラ↓

ワンピース【第928話】最新話のネタバレ・感想・考察!花魁『小紫』は魔性の女!?

2018年12月22日

鬼滅の刃【第140話】最新話のネタバレ・感想・考察!それぞれの想い!

2018年12月23日

【第332話】「スター」の考察・感想

感想

木兎の活躍、エースらしさ、全てが輝いて見える回でした。
一方で、負のループから抜け出せない赤葦。
木兎の言葉はストレートにしっかりと心に響くと思います。

今回最後、木兎の言葉で、赤葦は何を思いベンチから試合を眺めるのでしょうか。
また、狢坂の戦略がここから先試合にどう影響してくるのか
次回が楽しみでたまりませんね!

次話【第333話】「タスクフォーカス」はこちらからどうぞ!

ハイキュー!!【第333話】最新話のネタバレ!赤葦の復活!

2019年1月8日

【知ってる?】最新巻を無料で読む方法!

あなたは、『最新巻を無料で読む方法』を知っていますか?

 
どんな方法かというと、
電子書籍サービスを使うことで最新巻を無料で読むことができます。

 
電子書籍サービスには登録すると無料ポイントがもらえるサイトが有り、
その無料ポイントで最新刊を読むことができます。

U-NEXTで最新巻を無料で読む

一番オススメなのがこのU-NEXT
U-NEXTの特徴
  • 初登録で600ポイントが無料でもらえる
  • 31日間の無料キャンペーン
  • 書籍数-17万冊以上(雑誌-70冊以上読み放題)
  • 動画配信数-見放題9万本以上、レンタル5万本以上
31間の無料体験キャンペーンに登録することで、600ポイントがもらえます。
その無料ポイントで最新巻を無料で読むことができます。

 
もちろん、無料キャンペーン中に解約すればお金は一切かかりません♪
 

 

▼今すぐ読む!無料体験で600ptゲット!▼


 

▼簡単!登録方法▼


 

▼登録する前に解約方法の確認♪▼

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です