呪術廻戦【第50話】最新話のネタバレ!IQ53万の頭脳派筋肉!?東堂が大暴れ!

2019年3月11日発売、週刊少年ジャンプ15号の最新話!

呪術廻戦を読んだので

【第50話】「予感」のネタバレ・感想・考察をまとめました。

〜虎杖との共闘に手応えを感じる東堂。
獣、その幼き頃には…。〜

 

前話
前話【第49話】「窮屈」を読んでいない方はこちらからどうぞ!

呪術廻戦【第49話】最新話のネタバレ!虎杖と東堂のスカイラブハリケーン!?

2019年3月4日

※この記事はネタバレを含んだ内容になっております。

【第50話】「予感」のネタバレ

そんな予感

東堂の回想シーン。

小学三年生の東堂は、高校生に絡まれ、返り討ちにしました。
倒れた高校生の背中に座りながら「面白くない 退屈な奴をひねったって 退屈に決まってんだろ」と考える東堂。

???
「ナイスファイト!少年!!」

すると、目の前にライダースーツで、呪霊を従えた、背の高い女性が現れる

???
どんな女がタイプかな?

東堂
「誰?アンタ」

東堂には、「退屈が裏返る」そんな予感がしてました。

俺は独りじゃない

回想開け、花御と対峙する2人。

東堂
「俺の術式を解禁する!」

虎杖
「前使ってなかったっけ?」

東堂
「だが術式について詳しく説明してる暇はない
俺からオマエに言えることはただ1つ!!

止まるな!俺を信じろ!!

虎杖
「オッケー 2つね!!」

脳裏で状況を整理し始める東堂。

東堂
「(彼奴の手札を整理しよう!!
地面より発生する〝木の根〟
これは本数と射程を絞るほど強度が上がる

〝木の鞠〟
1つの鞠から1、2本の攻撃 その後消滅
対空可能 時間差に注意か…

〝呪いの種子〟
伏黒が食らっていたモノだろう
1つでも打ち込まれたらアウトか?
その分乱発はないと信じたい

〝お花畑〟!!
気が緩んでしまいそうだが
さっきの気つけが効いてる
そこまで警戒は必要ない

更にあの解き放たれた左腕…
そしてこれら全てがブラフである可能性!!

だがどんな術式も発動させなければいいだけのこと
不測の事態を考慮した上でIQ53万(自称)の
俺の脳内CPUがハジきだした結論は…〝勝利〟

何故なら俺は独りじゃないから
虎杖(ブラザー)!!オマエがいるから!!)」

花御に向かって飛び出そうとした東堂ですが、
あっさり右足をツタで絡め取られてしまいます。

東堂
「あ」

そのままブンッと振り回され、木の棘がある方角に勢いよく飛ばされます。

虎杖
「東堂!」

虎杖が助けに入ろうとしますが、花御にとめられてしまう。

しかし、「パンッ」という音と共に東堂と花御の位置が入れ替わり、花御の身体が木の棘に突き刺さりました。

花御
「!!!」

抜け出せない追撃

花御
成程 単純 故に厄介な術式

東堂
「そう 俺の術式は相手と自分の位置を入れ替える
〝不義遊戯(ブギウギ)〟!!

何かに気づいた虎杖。

虎杖
「東堂!!」

しかし東堂は「しっ」と口に指を立てそれを制止。

東堂
「相手が慣れる前に仕留めるぞ」

二人は一気に花御に詰め寄っていくが、東堂と虎杖が術で位置を入れ替えながら迫ってくるため、
自分と入れ替わるのか、虎杖と入れ替わるのか、判断する花御の思考が鈍ってしまいます。

花御
まずい これは 抜け出せないッ!!

よろけた花御に、虎杖が構えます。

花御
「(またアレがくる!!)」

七海の証言

解説
「黒閃連続発生記録保持者 七海健人は語る」

コーヒーを飲みながら、膝を組み、インタビューに答えるように七海は話します。

七海
「黒閃を連続で出すのが凄いわけじゃない
2回以上出すなら連続…またはその日の内でないと難しいでしょう

黒閃を決めると術師は一時的に
アスリートとでいう〝ゾーン〟に入った状態になる

普段意図的に行なっている呪力操作が
呼吸のように自然に廻る

自分以外の全てが自己中心に
立ち回っているような全能感…
とでも言うのでしょうか」

七海はフーー… と息を吐く。

七海
「私の記録ですか? 4回 運が良かっただけですよ

黒閃連撃

虎杖の黒閃が、花御の胴体をえぐる!

東堂
「(虎杖!!お前からはいつだって予感がする!!)」

更に2発目!3発目!と黒閃で追い討ちをかける虎杖。

東堂
「(3連チャン!!)」

花御
調子に乗るな!!

怯まない花御は体勢を立て直すが、背後に東堂。
花御は東堂と虎杖の位置換えを警戒し、「パン」と手の叩く音と共に、虎杖が入れ替わるはずの東堂の方に振り返った

しかし、虎杖と東堂の位置は変わっていない!

花御
替わっていない!

東堂
「手を叩いたって術式を発動するとは限らない
単純だけど引っかかるよな」

隙を見せた花御の脇腹に、虎杖の強烈な黒閃がヒットする!

東堂は、そんな虎杖に「あの時と同じ 退屈が裏返る予感」を感じているのでした。

ここで、50話は終了します。

 

青年マンガおすすめ100選!ジャンル別で作品を見つけやすい!

新しいマンガを読みたい!
というそこのあなたに向けて、
毎日マンガを読んでいる筆者がオススメするマンガを100作品紹介します!

作品はジャンル別にしてあるので、
好きなジャンルを選択すればすぐに読みたい作品が見つかる!

恋愛不倫愛憎などエッチな描写があるものから、
サスペンスや、ミステリー心理戦など、10以上のジャンルに分かれています。

試し読みのサイトも紹介しているので、
気になる作品はまずは試し読みをしてお気に入りの作品を見つけてください♪

▼▼▼※注意※性的な描写有り!▼▼▼

▲▲▲※注意※18歳以上!!▲▲▲

【第50話】「予感」の感想・考察

考察

以前考察したように、黒閃はクリティカルヒットのような物のようです。
最初はまぐれでも、その感覚をつかんでいる間であれば、
なおさら決まるイメージが湧き、アスリートでいう「ゾーンに入る」感覚になるようですね。

七海の連続というのが、1日の間なのか、一度の連続攻撃なのかわかりませんが、
この日は既に5回の黒閃を虎杖は当ててます。

相当近接戦闘のセンスが良いと、考えられますね。

感想

幼少期の東堂の前に新キャラクターが現れました。
東堂の女性のタイプのきっかけにでもなりそうな、身長の高い外国人風の女性です。

おそらく彼女も呪術師でしょうが、今後の登場もあり得そうですね!

現在一方的に花御を攻撃している二人ですが、
相手はまだまだ底知れない特級呪霊。
領域展開なども残してるかも知れないので、今後の戦いも要チェックですね!

次回、51話収録の週刊少年ジャンプ 16号の発売日は2019年3月18日(月曜)です。

青年マンガおすすめ100選!ジャンル別で作品を見つけやすい!

新しいマンガを読みたい!
というそこのあなたに向けて、
毎日マンガを読んでいる筆者がオススメするマンガを100作品紹介します!
 
“100作品もあると、決めるのに迷っちゃうよ!”
“作品が多すぎて、選ぶのに時間がかかる!”
“気になる作品は読みたいけど、わざわざ買うのは・・・”
こんな風に思っちゃいますよね。
 
でも、大丈夫!
ジャンル別に紹介しているので、好きなジャンルだけ見ればok!
そうすると、作品が絞られるし、選ぶ作品が少なくなって選ぶのに時間がかからない!
試し読みできるサイトも紹介しています。
 
それに紹介するのは青年マンガなので、エッチな描写が多い!
 
周りに人がいないか確認して、一人で気になる作品を吟味して下さいね♪
 

▼▼▼※注意※エッチな描写有り!▼▼▼

▲▲▲※注意※18歳以上!!▲▲▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です