鬼滅の刃【第143話】最新話のネタバレ!しのぶ決着!そして、新たな因縁!

スポンサーリンク

2019年1月28日発売、週刊少年ジャンプ9号の最新話!

鬼滅の刃を読んだので

【第143話】「怒り」のネタバレ・感想・考察をまとめました。

 

前話

前話【第142話】「蟲柱・胡蝶しのぶ」を読んでいない方はこちらからどうぞ!

鬼滅の刃【第142話】最新話のネタバレ!童磨の狂気!!

2019.01.21

※この記事はネタバレを含んだ内容になっております。

前話のあらすじ

満身創痍で繰り出した、しのぶの渾身の一撃。
その攻撃は、童磨の頸めがけて突き刺さる!
果たして、毒は効くのか…一つの戦いが終わりを迎える。

 

【第143話】「怒り」のネタバレ

誰かの幸せ

~しのぶ回想~
幸せの道はずっとずっと遠くまで続いているって思い込んでいた
破壊されて初めて その幸福が薄い硝子の上に乗っていたものだと気づく

そして自分たちが救われたように
まだ破壊されていない誰かの幸福を
強くなって守りたいと思った そう約束した

過去の自分の家族との幸せ、壊されてしまった幸福。
助けてくれた鬼殺隊、生き残った姉と自分を想いながら天井へと童磨を突き上げるしのぶ。

力が弱くても 鬼の頸が斬れなくても
鬼を一体倒せば 何十人
倒すのが上弦だったら 何百人もの人を助けられる

できる できないじゃない
やらなきゃならないことがある

『怒ってますか?』
ふと、以前炭治郎にかけられた言葉を思い出すしのぶ

しのぶ
(そう 私 怒ってるんですよ 炭治郎君
ずっと ずーっと怒ってますよ
親を殺された 姉を殺された カナヲ以外の継子も殺された
あの子たちだって本当なら今も
鬼に身内を殺されてなければ 今も 家族と幸せに暮らしてた)

(ほんと 頭にくる ふざけるな馬鹿
なんで毒効かないのよ コイツ 馬鹿野郎)

 

頸を突かれた衝撃で、一度は白目を剥いた童磨だったが
すぐに毒を中和したのだろう、天井に張り付けられたまま
不気味な笑顔をその顔に張り付けていた。

抜けた刀と共に、重量に従い落下していくしのぶ。
その背後には、童磨の技による鋭利な氷で造られた華が待っていた。

ガシ!

…だが、その造花にしのぶが着地することはなかった。
あろうことか、それを助けたのは童磨本人だった。

童磨
「えらい!!頑張ったね!
俺は感動したよ!!こんな弱い女の子がここまでやれるなんて
姉さんより才も無いのに よく鬼狩りをやってこれたよ
今まで死ななかったことが奇跡だ
全部全部 無駄だというのに やり抜く愚かさ
これが人間の儚さ 人間の素晴らしさなんだよ

君は俺が喰うに相応しい人だ 永遠を共に生きよう
言い残すことはあるかい? 聞いてあげる」

つらつらと悍ましい言葉を並べる童磨。

しのぶ
「地獄に堕ちろ」

バン!
カナヲ
「師範!!」

勢いよく開いた扉から駆け込んでくるカナヲ
と同時に状況を把握しようと、名を叫びながら天井を見上げる。

ゴキッ
嫌な音が部屋に響く。
目の前のしのぶの骨が砕かれた音がした。握っていた刀だけが落ちていく。

しのぶ
「うああああ」

“花の呼吸 肆ノ型(しのかた)” 『紅花衣(べにはなごろも)』

 

考察・予想
丑三つ小僧の正体はあの人!?
“小紫”と“トの康”、裏で繋がっていた!?
ワンピース次話の考察・予想はコチラ

ワンピース【第931話】最新話のネタバレ考察・予想!丑三つ小僧の正体とは…?

2019.01.22

挑発

カナヲが打ち込んだ斬撃はむなしく、空(くう)を斬る。

童磨
「いやー危ない危ない
吸収してる最中に斬りかからないでおくれよ」

ズズズ
力なく童磨の腕の中にいた、しのぶの身体が童磨の体内に飲み込まれていく。

カナヲ
「フーーッ フーーッ」

歯を食いしばり、目を見開き、怒りを露わにしているが
どうにか飛び掛かりそうになる衝動を抑え耐えるカナヲ。

童磨
「おや?挑発に乗らないねェ
この子が先刻(さっき)指文字やってたからかな?
俺の能力とか教えたのかい?
一瞬だったのに凄いなぁ
無駄なのにね 頑張り屋さんだね

いやあ それにしても今日は良い夜だなぁ
次から次に 上等な御馳走がやってくる」

『好きな人や大切な人は 漠然と
明日も明後日も生きてる気がする

それは ただの願望でしかなくて
絶対だよと約束されたものではないのに

人はどうしてかそう 思い込んでしまうんだ』

 

兄弟子

場面は変わり、同じく異空間に入り込んでいた善逸のシーンへ。

善逸
「いるんだろ 出て来い
そこにいるのは分かってる」

獪岳(かいがく)
「口の利き方がなってねえぞ 兄弟子に向かって
少しマシになったようだが
相変わらず 貧相な風体をしてやがる
久しぶりだなァ 善逸」

善逸
「獪岳 鬼になったお前を
俺はもう兄弟子と思わない」

 

【第143話】「怒り」の感想

感想

戦いの急展開をむかえた今回、しのぶが敗れてしまった事は事実ですが
生きていて欲しいと願わずにはいられない展開でした。

鬼を悪として読んでいる私たちに、童魔の言葉には鳥肌がたちました。
彼には言葉も攻撃も届いていない今、カナヲはどう対処していくのか、
しのぶが最後に残した合図は何を語っていたのか。

また、少し前より様子が変わっていた善逸の原因が判明しそうな展開に!
望んで鬼になったような、兄弟子と呼ばれる獪岳とは一体どんな鬼なのか。
受け継いでこれから強くなっていく隊士たちの戦い、次回がとても楽しみですね。

次回掲載日:2月4日発売 週刊少年ジャンプ10号

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です