ワンピース【第931話】最新話のネタバレ!ビッグマムが…記憶喪失!?

スポンサーリンク

2019年2月4日発売、週刊少年ジャンプ10号の最新話!

ワンピースを読んだので

【第931話】「おそばマスク」のネタバレ・感想・考察をまとめました。

 

〜レイドスーツを手にしたサンジ!ついに発動?
一方その頃、海に落ちたビッグマムは…!〜

 

前話・次話
前話【第930話】「えびす町」を読んでいない方はこちらからどうぞ!

ワンピース【第930話】最新話のネタバレ!サンジ ついにレイドスーツ発動!?

2019.01.21

次話【第932話】「将軍と花魁」はこちらからどうぞ!

ワンピース【第932話】最新話のネタバレ!小紫がオロチ将軍と戦闘!?

2019.02.09

※この記事はネタバレを含んだ内容になっております。

【第931話】「おそばマスク」のネタバレ

レイドスーツを発動!

舞台はワノ国「花の都」。

サンジとページワンが相対しています。

サンジ
「〝変装〟するにゃおあつらて向きだろ」

ページワン
「ん〜〜?何かの缶詰めか?」

サンジが出てきてくれたことにより、
町が壊されずに済んだ、と騒ぐ町人たち。

ウソップやフランキーが見守る中、サンジはプライドを捨て、ジェルマの力を使うことにします。

サンジ
「プライド捨てりゃ 救える命があるかもしれねェ…
もしコイツにそんな力があるならな!」

レイドスーツを起動すると、缶詰は一気に回転しながら液体のようなものを出して行く。

サンジ
「こんなもの身につけたくらいで
おれは〝ジェルマ〟に成りさながらねェ!!
試すくらいしてやるよ!!」

液体はサンジの身体にまとわりついていき、
音楽とともに、スーツの形を成していきます。

フランキー
「変身!?」

ウソップ
「カッケー!!それどんな技術だ!?」

ページワン
「なぜ屋根の上に!!」

ロー
「なぜ奴が!!あのスーツを持ってる!!
アレは間違いなく…!」

そこには、「3」と大きく描かれた黒いマントと、
黒い戦隊物のようなスーツを身に待とうサンジの姿。

ロー
「悪の軍団ジェルマ66のNo.3!!
〝ステルス・ブラック〟」

サンジ
「何でお前が詳しいんだよ!!」

ロー
「〝北の海(ノースブルー)〟の常識だ!!」

サンジ
「知るか!!おれを二度とそう呼ぶな!!」

ロー
「おれは正当な読者 ジェルマが嫌いだった」

サンジ
「おれもだよ!!!!」

ページワン
「ただのそば屋じゃなかったか…名乗れ!!」

名乗る瞬間を、ウソップとフランキーは目を輝かせて楽しみにしている。

サンジ
「おそばマスク!!」

ウソップ&フランキー
「最悪だー!!!改名してくれー!!
命名権をおれ達にくれー!!」

サンジ
「行くぞトカゲ!!」

サンジは屋根の上から、かかとのジェットを噴射させ、
ページワンに向かって勢いよく飛び込む。

ページワンはサンジを見失い、キョロキョロと周りを見渡します。

するといきなり、ページワンの懐に何かが思い切りぶつかる。

フランキー
「速すぎて見えねェ!!」

ロー
「違う 昔新聞に載ってた
絵物語〝海の戦士ソラ〟そこは敵対する悪の軍団〝ジェルマ66〟」

家屋に向かって思い切り倒れこむページワンと、
透明な身体に身を包むサンジ。

ロー
そのメンバー〝ステルス・ブラック〟は
姿を消せる厄介な戦闘員!

全身に背景を投影し 目に映らなくなる!」

ウソップ
「詳しすぎだろ!!」

サンジは、幼い頃の記憶や、アブロサムと戦った時の「透明人間になりたい夢」を思い出す。

サンジ
「(一度ついえたおれの夢が…おれの嫌いなジェルマの科学で叶ったのか!? 何て皮肉だ

だがこの力は確かに!! 女湯…いや仲間達の役には立つ!!何てジレンマ!!)」

起き上がってきたページワンは、恐竜の姿と人間の姿のちょうど中間のような姿となっていた。

ページワン
「いよいよ怪しいな…てめぇ一体どこのどいつだ!!!しっぽを出しやがれ!!」

ページワンの掌底とサンジの蹴りが衝突する。
しかしサンジは押し負け、家屋を貫通しながら、町の遠くまで吹き飛ばされます。

死んだとページワンに思われたサンジ。
しかし、空から現れ、ページワンの頭上から攻撃をしかけます。

その隙にローたちはえびす町に逃げ込む事に。

オロチお庭番衆

一方「オロチ城」。

宴会を抜けたロビンは、ポーネグリフを求め、城の中を物色します。

???
「探し物でござるかな?」

ロビン振り返ると、忍者を名乗る者達大勢に囲まれています。

ワノ国将軍直属忍者部隊
“オロチお庭番衆”

ロビン「え!!!?」

ロビンを囲んだ忍者達は次々に口を開く。
「忍者がおるのに不信な動きを…」「非常識!!」「忍者知らないんでござるか?」「他者者かもね」

そこに、ふすまを開けて男が入ってくる。

???
「これはどうも困った芸者だな」

お庭番衆 隊長
福ロクジュ

福ロクジュ
「言い訳を聞こう ただし一回のみ」

浜辺のビッグ・マム

場面は変わって、九里「九里ヶ浜辺」。

ルフィの心配をするお玉をよそに、モモの助とチョッパーは鍛錬に励んでいる。

チョッパー
「やや!?なんでござるかな!?アレは!!ニンニン!!」

浜辺には、巨大な人のようなものがうつ伏せで寝転がっています。

モモの助
「巨人…よりは小さいが…なんとデカイ人間!!」

お玉
「カ…カイドウとどっちが大きいかな」

チョッパー
「ええ!!??まさか!!!!」

何かに気づき、回り込むチョッパー。

チョッパー
「あーーーーー!!!ビッッグ・マ…」

名前を言いかけ、寸前のところで自らの口を押さえたチョッパー。

モモの助
「えー!?この者があのビッグ・マム〜!!?」

チョッパー
「声がでかい!!今おれが息の根を止める!!
カイドウだと思え!カイドウと一緒なんだコイツは!!!」

そうこうしていると、ビッグ・マムが咳き込みながら意識を取り戻していきます。

チョッパー
「遅かったとにかく逃げろーー!!」

ビッグ・マム
「ウウ…ここは…どこだい?」

周りを見渡しながら、むくっと起き上がるビッグ・マム。

ビッグ・マム
「おれは…誰だい?」

チョッパー
「!!?? は?」

ここで931話は終了します。

 

スポンサーリンク

【第931話】「おそばマスク」の感想

感想

サンジがついにジェルマの化学兵器である「レイドスーツ」を起動しました。

過去の考察において、北の国の出身者の反応に注目と書きましたが、
早速ローがその姿に反応しました。

ただ、自国が被害にあったり、恨みがあったわけではなく、
「海の戦士ソラ」の読者だったため、ジェルマ66ほ存在を知っていたんですねー。

それにしても、熱心な読者っぷりで驚きました笑

ホーキンスやX・ドレークは、いったいどんな反応を見せるのでしょうか?

一方ピンチなロビンと、ピンチと見せかけて大丈夫そうなチョッパー達。

様々な場所で繰り広げられる展開に、目が離せませんね。

次回、932話収録の週刊少年ジャンプ 11号の発売日は2019年1月9日(土曜)です。

次話

次話【第932話】「将軍と花魁」はこちらからどうぞ!

ワンピース【第932話】最新話のネタバレ!小紫がオロチ将軍と戦闘!?

2019.02.09
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です