ワンピース【第932話】最新話のネタバレ!小紫がオロチ将軍と戦闘!?

2019年2月9日発売、週刊少年ジャンプ11号の最新話!

ワンピースを読んだので

【第932話】「将軍と花魁」のネタバレ・感想・考察をまとめました。

 

〜レイドスーツを手にしたサンジ!ついに発動?
一方その頃、海に落ちたビッグマムは…!〜

 

前話・次話
前話【第931話】「おそばマスク」を読んでいない方はこちらからどうぞ!

ワンピース【第931話】最新話のネタバレ考察・予想!丑三つ小僧の正体とは…?

2019年1月22日

次話【第933話】「武士の情け」はこちらからどうぞ!

ワンピース【第933話】最新話のネタバレ!将軍に歯向かった小紫に、まさかの事態…!?

2019年2月18日

※この記事はネタバレを含んだ内容になっております。

【第932話】「将軍と花魁」のネタバレ

逃げるロビン

舞台はワノ国花の都「オロチ城」。

オロチ
「頼むぞ小紫!!」

小紫
「ええ では…」

狐の面をかぶり、小紫は華麗に三味線を弾き鳴らします。

その音色に、宴会場の人々は酔いしれ、オロチも喜ぶ。
遊女の一人が「なぜかしら あの曲を演る時 姉さんいつも面をつけるのよね」と不思議がっています。

一方その頃、オロチお庭番衆に囲まれたロビン。

福ロクジュ
「さァ一度だけ 質問に答えよ

正直に申せば苦しませず瞬殺してやる
さもなくば辛い拷問が待っている」

ロビン
「…………」

福ロクジュ
「お前は何者で…何をしていた?」

ロビン
「……」

口を閉ざすロビン、しかし周りにいるお庭番衆たちはいつでもロビンを殺せる体制に入っています。

ロビン
「“丑三つ小僧” 花の都のお金の流れを調べに来たの」

福ロクジュ
「気の利いた答えだ 捕らえよ!」

四方八方から飛んでくる手裏剣と、
首掛け縄が襲いかかり、ロビンの身動きが取れなくなる。

忍者の一人
「完了 丑三つ小僧は先程都に現れた所!」

しかし、ふわっという音をたて、ロビンの姿は花びらになって消えました。

お庭番衆
「!?」「え!?」「どこだ!!?」

ロビン
「(危なかった念の為分身を使っておいてよかった)」

悪魔の実の能力でその場を逃れることができたロビンは、
城内を逃げながら、無線で仲間に連絡を取ります。

ロビン
「おナミ!しのぶさん!ホネ吉! ごめんなさいバレたわ!
城内に最低11人の忍者を確認」

城内屋根裏に潜むナミとしのぶは無線をキャッチ。

ナミ
「え!?ロビンがバレた!?11人も…!?」

しのぶ
「わたす達はおロビの護衛!!場所を確認して
福ロクジュ率いる“オロチ御庭番衆”は優秀よ」

城内「井戸」に潜むブルックも無線を受け取る。

ブルック
「あらら!!あのおロビさんが見つかるとは………!!
私やっと食糧集め以外のお仕事だったのにっ!!」

ロビンを逃した福ロクジュは、
オロチ将軍の宴を邪魔しないため、
騒ぎにさせず、ロビンを捜索するよう忍びたちに支持をします。

復讐の年

お庭番衆から逃げたロビンは、将軍の宴のもとへ。

オロチ
「おー!新入り!おロビ!!どこへ行っておった 近うよれ!!」

ロビン
「(木の葉を隠すなら森の中 今脱出は不可能
 やる事もまだあるわ……!!)」

オロチにたくさんお話がしたいと近寄るロビン。

ロビン
「将軍様私は“鬼ヶ島”に興味が」

オロチ
「ほう…あんな島に…」

一方、宴の中狂死郎一家のヤクザ達が談笑している。

ヤクザ
「しかし聞いたぞ カイドウの“飛び六胞”をかり出すとは!
相変わらず手厳しい!!」

狂死郎
「拙者達ヤクザ者はねェ…どんな三下でも盃かわせば親子でござる!
わが子がやられて帰ってきたら アンタならどうする?」

ヤクザ
「親分の任侠道には恐れ入る」

オロチ
「その通りじゃ狂死郎!!」

会話を聞いたオロチが割って入る。

オロチ
「敵は常に圧倒的な力で潰さねばならぬ!!!
もう二度と刃向こうて来ぬようにな!!

例え…“亡霊”であってもな!!!

よいかお前達!!集合ついでに今一度言うぞ!!?

今年は光月おでんが死んで20年目!!
妻トキが言い残した復讐の年!おでんの意志は生きておる!!」

ヤクザたちは「また始まった…」と呆れながら話を聞く。

ロビン
「…………」

オロチ
「おでんが家来“赤鞘九人男”の規格外の強さを覚えておるか!!?

奴らはこの20年後のワノ国に復活し準備を進めている!!
着々とこのワシの首を取る為にな!!」

狂死郎
「狐火の錦えもん以下“赤鞘”の侍たち…
出くわすならば望む所!一太刀に斬ってご覧いれましょう」

オロチ
「ぐふふふ 心強し狂死郎

おでんは死んだ!わしの目の前で!!
だが息子“モモの助”が生きておる!!あのガキの死体も上がっておらぬ!!

光月家の血はまだ途絶えておらんのだ!!
奴らは光月家の復讐を狙っておる!!!
無論カイドウの首も取るつもりであろう

ヤクザたちは「とんだ妄想だ…」「どこまでもご小心っ!」
「笑いたいが笑っては殺される」「カイドウを人に討てるものか」と笑いを堪えています。

ロビン
「(ずいぶんと具体的に伝説を信じてる
 かたや部下たちは気に留めてないみたい…当然)」

そこに「あははは!!」と笑い声が木霊する。

オロチ
「は?」

おトコ
「あははは!!だって殿様みんなにバカにされてる」

遊女たちはおトコが笑うのを阻止しますが、止まりません。

オロチ
「誰じゃ…!!
まさか…わしを笑ったのか……?」

おトコ
「あははははははは!!
止まらない!!ごめんなさいアハハハ!!笑っちゃ悪いのに!!」

ロビン
「おトコちゃん…!?」

小紫
「!」

オロチ
「不快な…わしは将軍であるぞ
20年前の遺恨わしが恐れているとでも言いたいのか」

怒るオロチは刀を抜く。

修羅場

オロチ
「わしは勝者じゃ おでんに勝った…」

小紫
「やめなんし!!!殿!!!!まだ幼子でありんす」

オロチ
「黙っていろ小紫…」

オロチは持っていた刀を振り、襖を切り落とす。

オロチ
「わしを笑ったのか童ァ!」

おトコとおトコを抱えた遊女はこれを避ける。

遊女
「殿 子供です!!ご容赦を!!」

周りが止めに入るが、暴走するオロチ。

その時、オロチの頬に小紫が強烈なビンタを叩き入れる。

宴会所は大混乱。
「花魁!なんて事を!!」「ウソだろ!?」
「謝れ小紫!頭が床にめり込むほどに土下座しろ!」と周りが騒ぎ立てます。

小紫
「イヤでありんす わちきは
誰にもヘリくだらぬ!!」

能力の準備をしていたロビンも、動きが止まる。

小紫
「我が正しきと思わば一歩も譲る必要はなし」

オロチ
「おい小紫…わしは…お前を将軍の妻にしてやろうと思っておったのに…」

小紫
「弱き女がご所望ならば―――どうぞ切り捨てなさいまし
わちきは武士の娘!!無様に生きはしない!!!」

するとオロチは八つ首の龍に姿を変える。

オロチ
「遊女風情が生意気に武士を語るな!!!小紫ィ~~~~!!!」

宴は「キャー!!」「オロチ様殿中でござる――!!」とパニック状態に。

その隙にロビンは、おトコを抱きかかえる。

ロビン
「おトコちゃんこっちへ!!」

おトコ
「アハハハ!!あれ?お姉さんおそばの時の」

すると、天井から監視していたお庭番衆がロビンの姿を捉える。

忍者
「あの女を見つけたぞ!逃がすな!!」

パニックになる宴会場で一人、狂死郎は刀を握りしめます。

狂死郎
「おーおー……わはは
修羅場でござる!!

ここで932話は終了します。

 

青年マンガおすすめ100選!ジャンル別で作品を見つけやすい!

新しいマンガを読みたい!
というそこのあなたに向けて、
毎日マンガを読んでいる筆者がオススメするマンガを100作品紹介します!

作品はジャンル別にしてあるので、
好きなジャンルを選択すればすぐに読みたい作品が見つかる!

恋愛不倫愛憎などエッチな描写があるものから、
サスペンスや、ミステリー心理戦など、10以上のジャンルに分かれています。

試し読みのサイトも紹介しているので、
気になる作品はまずは試し読みをしてお気に入りの作品を見つけてください♪

▼▼▼※注意※性的な描写有り!▼▼▼

▲▲▲※注意※18歳以上!!▲▲▲

【第932話】「将軍と花魁」の感想

感想

お庭番衆に囲まれたロビンでしたが、ハナハナの実の能力で逃れることができました。
彼らの能力は未知数ですが、只者ではないことは明らかです。

小紫に怒るオロチが、ヤマタノオロチのような姿をみせました。
これが悪魔の実の能力なのか、能力名やモデル等も判明していませんが、
シルエットではなくちゃんとした姿が登場したのは、これが初めてです。

刀を持った狂死郎が、これを止めにはいるのか。
最後の発言がどういった意図なのかも、気になるところですね!

次回、933話収録の週刊少年ジャンプ 12号の発売日は2019年1月18日(月曜)です。

青年マンガおすすめ100選!ジャンル別で作品を見つけやすい!

新しいマンガを読みたい!
というそこのあなたに向けて、
毎日マンガを読んでいる筆者がオススメするマンガを100作品紹介します!
 
“100作品もあると、決めるのに迷っちゃうよ!”
“作品が多すぎて、選ぶのに時間がかかる!”
“気になる作品は読みたいけど、わざわざ買うのは・・・”
こんな風に思っちゃいますよね。
 
でも、大丈夫!
ジャンル別に紹介しているので、好きなジャンルだけ見ればok!
そうすると、作品が絞られるし、選ぶ作品が少なくなって選ぶのに時間がかからない!
試し読みできるサイトも紹介しています。
 
それに紹介するのは青年マンガなので、エッチな描写が多い!
 
周りに人がいないか確認して、一人で気になる作品を吟味して下さいね♪
 

▼▼▼※注意※エッチな描写有り!▼▼▼

▲▲▲※注意※18歳以上!!▲▲▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です