DAYS-デイズ【第277話】最新話のネタバレ・感想・考察!青函vs桜高クライマックス!勝つのはどちらか?

2018年12月26日発売、週刊少年マガジン4・5号の最新話!

DAYSを読んだので

【第277話】「またピッチで」のネタバレ・感想・考察をまとめました。

 

~0対2から3対2に試合をひっくり返した桜高。
残り僅かの試合時間 勝利はどちらの手に!?〜

 

前話【第276話】「返せぬままに」を読んでいない方はこちらからどうぞ!

DAYS-デイズ【第276話】最新話のネタバレ・感想・考察!青函vs桜高、ついに決着か!!

2018年12月12日

次話【第278話】「平源次郎という男」はこちらからどうぞ!

DAYSデイズ【第278話】最新話のネタバレ!敗退を決めた青函、平のとった行動とは…!

2019年1月9日

 

※この記事はネタバレを含んだ内容になっております。

【第277話】「またピッチで」のネタバレ

攻める青函

実況
「桜高逆転!!3対2!! 犬童のスーパーループが終了間際に決まる!」

アディショナルタイムの時間は、残り1分
もう後がない青函は、
強引にボールを前に出し、パワープレイを選択します。

しかし、前線から桜高にプレッシャーをかけられ、
ボールをゴール前に放り込むことができません。

いたずらに時間が過ぎていく中、
平が前でポジションを取り、ボールをもらう。
そこに犬童が寄せ、激しくボールを奪い合います。

樋口が平のフォローに入ろうと向かうが、
平は樋口にアイコンタクトを送り、樋口もそれに気づく。

樋口の逆サイドに身体を回転させ、正面を向いた平。
その勢いでゴールに向かってボールを蹴りだす!!

ここでも犬童、平のシュートを読みきり、
左足でボールを大きくクリア!

ここでホイッスルが鳴る!
ゲームは3対2で、青函が破れる結果となりました。

 

火村の後悔

実況
「(平について)獅子奮迅の活躍は噂に違わぬ名プレイヤーでした
梁山の碇屋、加藤、高木
音羽の砂山に続き 青函の平も
ここで大会から姿を消します。」

ピッチで仰向けになり、
タオルで顔を隠しながら立ち上がれない火村の元に、樋口が駆け寄ります。

火村
「うおおおおおお ぐぞおおおおおお」

樋口
「起きろ火村 ここはベッドじゃない
寝るならホテルに帰ってからにしろ」

火村
「いやだあああ がえらないい」

樋口
「ほら立て」

火村
「ぐぅうう」

樋口
「整列だ 最後までちゃんとしろ」

樋口に肩を借り、一度は立ち上がる火村でしたが、
また膝から崩れ落ち、うずくまってしまいます。

火村
「うう…」

樋口
「まったく … 火村」
「お前はエースの役目を全うしたよ よくやってくれた」

樋口の励ましで感情が爆発した火村は、
空に向かって、大きく泣き叫ぶのでした。

 

またピッチで会おう

観客席で見ていた聖蹟のメンバー達は、
次戦の相手が桜高に決まったので、
ミーティングをするため学校に向かいます。

試合を終えた桜高、青函の選手同士が互いに挨拶を交わす。


「犬童」

ユニフォームを脱いで、
タンクトップ姿になった犬童に、平が話しかけます。


「卒業後は札幌だって?」

犬童
「ハッハッハ!まあ色々縁やら恩やらあってな」


「そうか」
「首を洗って待ってろよ?」

犬童
「ん?」

平「次は負けん」

平の言葉に、犬童はニイッと笑います。

犬童
「次も俺が勝つけどな」


「ぬかせ」

犬童
「サッカー面白いよな!」


「ふん」

犬童
「あ これこれ! 住んでる家の住所と電話番号」

犬童はどこから取り出したのか、
メモを平に渡そうとします。

犬童
「サッカーするときは呼んでくれれば!」


「いらん」

犬童
「……」

犬童に背を向けながら、平は続けます。


「聖蹟は強いぞ」

犬童
「知ってる」


「また ピッチで会おう」

平の言葉を聞いて、犬童がニカッと大きく笑顔を見せる。

 

成神の決意

ミーティングに向かう成績メンバーの中、
つくしは静かにピッチを見つめています。

観客席は、ベスト4が出揃ったことで、
準決勝の日程や、チケットの話題に加え、

水樹を擁する聖蹟 対 犬童率いる都立桜木

“史上初となる東京校同士の戦い”で盛り上がっています。

ベンチに戻る桜高のメンバーを、成神が迎え入れます。

成神
「甘い!甘いな!!」
「しっかりしてよ!もう一点ぐらいは取れたんじゃないの!?」
「成神復活してるよ!」

メンバーに心配されながらも、元気な姿みせる成神。

成神
「よしっ!帰って練習するよ!!当たり前でしょ!!」

走りだす成神を、夏さんや如月が、何も言わずに見つめます。
犬童もまた、成神を気にしている様子。

ロッカーエリアにたどり着く成神。
立ち止まり、真剣な顔になります。

成神
「(何がエースだ)」
「(次は必ずーーーー)」

 

ここで、277話は終了します。

 

【第277話】「またピッチで」の考察・感想

考察

犬童のシュートが決定打となり、
試合が決まったかに見えましたが、
青函は最後まで諦めずに攻め続けました。

連携からではなく、相手の裏を突くプレーで、
シュートまでいこうとした平は、
最後まで冷静さを失ってなかったですね。

しかしそれを読みきった犬童は見事。
エース同士の戦いは、
試合を通した壮絶なものでした。

感想

負けを悔しがる火村と、
またピッチで戦うことを誓う両エースと、
試合に出れない後悔を胸に決意を固める成神。

今回のお話は、それぞれにドラマのある回でしたね。

青函はここで敗れてしまいましたが、
平の存在は桜高にとっても聖蹟にとっても大きく、
今後も話に絡んできそうだなと思います!

次回からはついに東京校同士の戦いとなります。

桜高のエース成神が、
試合に出れない悔しさをぶつけることができるのか。

この試合を見て何かを感じた風間やつくしが、
桜高相手にどんなプレーを見せるのか、注目です!

278話に続きます!
次話【第278話】「平源次郎という男」はこちらからどうぞ!

DAYSデイズ【第278話】最新話のネタバレ!敗退を決めた青函、平のとった行動とは…!

2019年1月9日

青年マンガおすすめ100選!ジャンル別で作品を見つけやすい!

新しいマンガを読みたい!
というそこのあなたに向けて、
毎日マンガを読んでいる筆者がオススメするマンガを100作品紹介します!
 
“100作品もあると、決めるのに迷っちゃうよ!”
“作品が多すぎて、選ぶのに時間がかかる!”
“気になる作品は読みたいけど、わざわざ買うのは・・・”
こんな風に思っちゃいますよね。
 
でも、大丈夫!
ジャンル別に紹介しているので、好きなジャンルだけ見ればok!
そうすると、作品が絞られるし、選ぶ作品が少なくなって選ぶのに時間がかからない!
試し読みできるサイトも紹介しています。
 
それに紹介するのは青年マンガなので、エッチな描写が多い!
 
周りに人がいないか確認して、一人で気になる作品を吟味して下さいね♪
 

▼▼▼※注意※エッチな描写有り!▼▼▼

▲▲▲※注意※18歳以上!!▲▲▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です