エデンズゼロ【第28話】最新話のネタバレ!ホムラ、ワイズに続きあの力士も仲間に?!

スポンサーリンク

2019年1月21日発売、週刊ヤングマガジン8号の最新話!

EDENS ZERO(エデンズゼロ)を読んだので

【第28話】「新たな仲間たち」のネタバレ・感想・考察をまとめました。

 

※この記事はネタバレを含んだ内容になっております。

【第28話】「新たな仲間たち」のネタバレ

エデンズゼロへの帰還

時喰み(ときはみ)によるギルトスの浄化・・・
その代償は1200年の“時”と多くの命・・・

シキの力でエデンスゼロに戻り、
時喰みに食べられるギルトスより脱出に成功していた。

シキ
「あれが時喰み」
シキはエデンズゼロの窓から、ギルトスを食べた時喰みを見ています。

ピーノ
「全員脱出できたのでしょうか」

シスター
「さすがに全員は無理だろう。」
「だが仕方ねぇ、これがこの宇宙の法則なんだ」

宇宙の脅威を感じているシキ達の元に、
エデンズゼロで待っていた、ウィッチ、ハッピーが駆け寄ってくる。

ウィッチ
「久しぶりですねシスター」
シスター
「オウ、元気だったかウィッチ」

シスターはギルトスで捕らえられていた為、
二人が顔合わすのは10年ぶりのことでした。

ハッピー
「レベッカ~~~!」
レベッカ
「ハッピー!!」
ハッピー
「よかったぁ無事でぇぇ!!」
レベッカ
「ハッピーもね!」

その横では、
シキやレベッカ、船内で待っていたハッピー達がお互い無事だったことを喜んでいます。

みんなが抱き合い喜んでいるのを、
ウィッチとシスターが遠くから見守っています。

シスター
「変な奴だな・・・今度の魔王様は・・・」
ウィッチ
「気付いてないのですか?」
「あのときジギー様がすれてきた子があの子」
「シキ様です」

シスター
「一目みて気付いたさ」
「ジギーがマザーを諦めてまで、育てると言ってたガキだ」
「大きくなりやがって」

 

ヴァルキリーの弟子“ホムラ”

シキ
「つー訳で、無事レベッカも連れ戻したし、シスターも見つかった!!!」

ウイッチから始まりシスターも仲間になりました。
そして、後二人、ヴァルキリーとハーミットを見つければ、
このエデンズゼロは本来の力を取り戻します。

しかし、その二人の居場所は全くわかりません。

ただ、ウィッチには一つ気がかりな事がありました。
それはホムラの事です。

ウィッチ
「あなたの剣はヴァルキリーのものですね」
ギルトスから脱出する直前に、ホムラが斬撃を放ちました。
その時、シスターとウィッチがヴァルキリーの剣だと気付いたのです。

ホムラ
「いかにも」
「先に言っておくが、私もヴァルキリーの居場所は知らぬゆえ」
「・・・というか私も捜しているのだ」
「突然消えた我が師ヴァルキリーを」

そして、ホムラが話しを続けます。

ホムラ
「私もこの船に乗せてくれないだろうか」
「ヴァルキリーを見つける為ならなんだってやる覚悟だ」

シキ
「分かった!!」
「じゃあヴァルキリーが見つかったら手合わせしよう!!」

ホムラは武人としてシキと手合わせしたいと願っており、
ヴァルキリーが見つかったあかつきには、
手合わせをする約束をして仲間になるのでした!

 

ワイズ、そして力士?!

ワイズ
「結局・・・ヴァルキリーもハーミットも居場所は分からずかよ」
周りにいるみんなが、キョトンとワイズを見つめています。

ピーノ
「ワイズさんも私たちと一緒に来るという事でしょうか?」

シキ
「なんだかんだでレベッカ助けるの手伝ってくれたしな」

レベッカ
「やっぱり優しい“博士”だなって」

ホムラ
「私も船に案内してくれた」

シスター
「オレの拘束も解いてくれたのもオマエだったな」

ウィッチ
「艦内の清掃も手伝っていただきました」

みんなに言われて引くに引けなくなったワイズは冷や汗をかき、追い込まれていきます。

シキ
「もう友達だ」
シキはそう言いながら右手を差し出します。

ワイズ
「まぁ・・・そうだな・・・」
「特に行くアテもねーし」
「しばらく付き合ってやるよ」

ワイズは照れくさそうに頭を掻きながら右手を出し、
握手をするのでした。

モスコ
「モスコイ」
シキと握手したつもりが、なぜか力士のモスコと握手してしまうワイズ。

シキ・ワイズ
『あーーー!!!』
シキ
「なんでココに・・・」
偽シスターの部下だったモスコがここにいることに驚くシキやワイズ達!

シスター
「コイツは“仲間”だ」
「オレと一緒にいたんだが」
「ニセシスターに改造されて部下にされていたんだ」
驚きの事実に、シキやレベッカ達はポカーンとモスコを見つめていました。

モスコ
「みなさん・・・よろしくっス」

 

闇の錬金術師

宇宙政府星系連盟軍の艦内

船員
「1200年の時が喰われたそうです」
「ノーマの50年よりひでえな」
宇宙政府星系連盟軍にも時喰みの情報が入ってきました。

ジャスティス
「幾つもの命が失われた」
ギルストの星の住人はほとんど悪党であり、悲しむ人はいない。
しかし、ジャスティスは命が失われた事に思う事があった。

ジャガー大佐
「ギルトスは檻無き監獄だと思っていた」
「星の中で好き勝手やってる分にはどうなってもいいとな」
「だが今回の剣であの男が宇宙に放たれたのだ」

ジャスティスの上司、ジャガー大佐が話しを続ける。

ジャガー大佐
「イリーガやローグアウトなぞとは格が違うあの男」

ジャスティス
「あの男?」

ジャガー大佐
「ギルストを悪党の星に変えた・・・」
「銀河六魔将の一人」

ドラッケンジョー
又の名を、闇の錬金術師

 

【第28話】「新たな仲間たち」の感想

感想

ここで一気にシキの仲間が増えましたね!

シスター、ホムラ、ワイズ、そして、、、モスコ?!笑

ニセシスターの部下、力士の格好をしているモスコが仲間になるとは意外過ぎました笑

シスター、ホムラ、ワイズは皆さんが思っていた通りですよね。

仲間が増えたのも束の間、新しい強敵もでてきました。
ドラッケンジョーもギルストを逃げ出したばかりであれば、すぐ近くにいるはず。
すぐに遭遇しそうですね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です