東京卍リベンジャーズ【第100話】最新話のネタバレ!〝怪物〟大寿にタケミチがタイマン勝負を挑む!

2019年3月6日発売、週刊少年マガジン14号の最新話!

東京卍リベンジャーズを読んだので

【第100話】「Hundreds of times」のネタバレ・感想・考察をまとめました。

 

〜三ツ谷さえ屈した〝怪物〟大寿に!!
タケミチが挑むタイマン勝負!!黒龍のもたらす未来を変える!!〜

※この記事はネタバレを含んだ内容になっております。

 

【第100話】「Hundreds of times」のネタバレ

〝変えれねぇ〟のはオマエだ

連載100回記念巻頭カラー。

教会の中、大寿に向かってタケミチが言い放ちます。

タケミチ
「大寿 オレが勝ったら 黒龍をもらう!!」

しかし次の瞬間、大寿の左パンチをもろに食らうタケミチ。

八戒
「やめろよタケミチ」

タケミチ
「まだまだぁ!!」

殴られても屈せず果敢に挑むタケミチ。

八戒
「オマエはっ なんも変えられねぇんだよ!!!」

タケミチ
「ああああああ!!」

挑むも殴り返されるタケミチ。
その脳裏には、〝心を許せる友達も 愛する人も〟いない、ひとりぼっちだった頃の過去が思い浮かんでいる。

タケミチ
「違ぇよ八戒」

タケミチは起き上がりながら八戒にそう告げる。

タケミチ
〝変えられねぇ〟のはオマエだ

八戒
「!」

タケミチの回想。
アッくんの死をきっかけに、未来を変えるため、一人で全部背負った気になっていたタケミチ。
当時は不安で不安で仕方がなかった。

しかし、東卍の皆が少しずつ認めてくれた。

怪物への一撃

教会で倒れ、身動きが取れない千冬。

千冬
「もういいよタケミチ!!マジで死んじまうぞ!!」

タケミチ
「あ゛あああああぁ!!」

それでも果敢に大寿に挑むタケミチ。
心の中では「ここで踏ん張ったって未来は変えられないかもしれない」「でも万が一があるなら」と思いを込め、

ついに、タケミチの右ストレートが大寿とクロスカウンターで炸裂!

〝孤独〟

タケミチの拳がヒットしたことに、驚く千冬と八戒。

しかし、タケミチも同様に拳をくらい、吹き飛ばされる。

大寿
「ちっ 痛くもかゆくもねぇ…」

無傷のように思えた大寿でしたが、突如ガクンと膝をつく。

大寿
「!?」

よろよろと立ち上がるタケミチ。

タケミチ
「万が一…」

八戒
「タケミチ…もう…やめろって」

タケミチ
「……未来を変えれるなら
命を賭ける価値はあるだろ?」

ボロボロの姿で八戒の前に立つタケミチ。

タケミチ
「八戒…頑張る事は辛くねぇよ 一番辛い事は…」

ニコッと笑い、タケミチは続ける。

タケミチ
「〝孤独〟な事だ」

言葉が出ない八戒。

タケミチ
「なんでも話せよ八戒 オレら 友達だろ?」

八戒は次第に目が潤んできます。

ドサッとその場に膝をついた八戒。

八戒
「タケミっち…
オレを…助けてくれ

タケミチ
任せろ 八戒

ここで、100話は終了します。

【第100話】「Hudreds of times」の考察・感想

考察

ついに、〝怪物〟大寿が膝をつきました。
タケミチの攻撃がきっかけになりましたが、三ツ谷との戦闘による疲労も溜まっているはずです。

クロスカウンターでタケミチも攻撃を受けてるとはいえ、
タケミチのパンチはしっかり大寿の顎あたりにヒットしています。
脳を揺らすことができたのかもしれませんね。

八戒は、タケミチの言葉に心を許したのか、
「タケミチ」から「タケミっち」に変わっていました。

明かされなかった真相も、タケミチになら打ち明けられるのかもしれません。

感想

弱い故に何もできなかったタケミチでしたが、
仲間のために命をかけて果敢に立ち向かい、
ついには大寿に膝をつけました。

まだ決着とは言えませんが、東卍側には自信につながります。

涙を流し、タケミチに助けを求めた八戒。
しかし、ボロボロの千冬、タケミチ。

まだまだ続く、絶望的な状況、打破することができるのか!?

次回、101話収録の週刊少年マガジン15号の発売日は2019年3月13日(水曜)です。

青年マンガおすすめ100選!ジャンル別で作品を見つけやすい!

新しいマンガを読みたい!
というそこのあなたに向けて、
毎日マンガを読んでいる筆者がオススメするマンガを100作品紹介します!
 
“100作品もあると、決めるのに迷っちゃうよ!”
“作品が多すぎて、選ぶのに時間がかかる!”
“気になる作品は読みたいけど、わざわざ買うのは・・・”
こんな風に思っちゃいますよね。
 
でも、大丈夫!
ジャンル別に紹介しているので、好きなジャンルだけ見ればok!
そうすると、作品が絞られるし、選ぶ作品が少なくなって選ぶのに時間がかからない!
試し読みできるサイトも紹介しています。
 
それに紹介するのは青年マンガなので、エッチな描写が多い!
 
周りに人がいないか確認して、一人で気になる作品を吟味して下さいね♪
 

▼▼▼※注意※エッチな描写有り!▼▼▼

▲▲▲※注意※18歳以上!!▲▲▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です