蒼穹のアリアドネ【第52話】最新話のネタバレ!意思と覚悟!

2019年1月9日発売、週刊少年サンデー6号の最新話!

蒼穹のアリアドネを読んだので

【第52話】「虎気」のネタバレ・感想・考察をまとめました。

 

前話
前話【第50話】「異種族の戦い」を読んでいない方はこちらからどうぞ!

蒼穹のアリアドネ【第50話】最新話のネタバレ・感想! ヒト族VSラト族VSツタ族!!

2018年12月16日

次話【第53話】「拳の意味」はこちらからどうぞ!

蒼穹のアリアドネ【第53話】最新話のネタバレ!ラシルとノイシュ!

2019年1月27日

※この記事はネタバレを含んだ内容になっております。

【第52話】「虎気」のネタバレ

種族が違うから見えること

ツタ族の女王に
ラト族との因縁を聞いても、ラト族に荷担するのか。
ラシルはラト族に肩入れする理由を聞かれます。

ラシルは
ドラゴンに襲われた時に助けてもらたからと言い、

ドラゴンが危険な存在なら、
唯一ドラゴンに通じる力を持つラト族にこの地で倒されるのは、
正しいと言うラシル。
その発言にツタ族女王はムッとしました。

ツタ族のガイに言葉を選ぶように忠告されます。

ずっと引っかかっていたと言って話すラシル。

ラシル
「ツタ族のいる山からラト族の町まで一直線上に前線があって、
ドラゴンは飛ぶこともなく、迷わず進んでくる」

「竜化した後に意識がなかったとしても、
最後に自らの死に場所を求めて、そこにたどりついている」

「でなければドラゴンは色んなところで暴れて、
ツタ族は世界中から憎まれ、怖れられる存在になってると思う」

ガイ
「来たばかりのヒト族、小僧一人に我々の何がわかる!」
ガイはラシルへの怒りを露わにします。

ラシル
「わからない」
「だからこそ、見える事がある気もする」

とラシルの言葉にキレたガイは殴りにかかります。

 

ラシルVSガイ

ガイ
「姫様、申し訳ありません」
ガイは止められても従えないと言ってラシルと戦おうとします。

女王も許可すると、ラシルが攻撃を仕掛けます。

ラシル
「スパイラルブラスト」
「フィフス!!!!!」
ガイの腹に攻撃が入ります。

しかし、
ガイには効かずにラシルは反撃をもらいます。
ラシルは反撃をもらいながらもすぐに体制を整えて、
再度攻撃を仕掛けます。

ラシル
「スパイラルブラスト」
「フォース!!!!」
離れた場所からガイに技を放ちます。

一つ減らしたことに気付いたガイも
離れた場所からラシルを殴ります。

ラシルはガイの攻撃に耐えながら
さらに再度攻撃をします。

ラシル
「スパイラルブラスト」
「サード!!!」

また一つ減らし技を放ちます。

やけになったかと言い捨て、
ガイはラシルを殴ります。

吹っ飛ばされたラシルは何とか耐えると、

ラシル
「フォトンパンチ!」
ガイを殴ります。

しかし、
ガイの振り下ろされた両手で
頭を地面に叩きつけられたラシル。

女王
「時間の無駄だ」
「しょせんは下等種族、我々とは相容れぬ」

しかし、
ラシルが立ち上がりました。

女王はラシルのタフさに感心しながらも、
ガイに徹底的に叩き潰せと命じます。

しかし、
ガイは立ち尽くしたまま体の異変に気付く。

ガイ
「貴様…何をした…?」

ラシル
「そうだ、これだ…」
ラシルはこぶしをにぎりながら、
何かに気付いたようです。

 

ポポルVSヴヴン

ヴヴンと戦うポポル。

ヴヴン
「光使いで一番見所があるのは、
あのちびっこじゃねーのか」
ポポルはヴヴンに弱いとバカにされます。

ポポルは
竜の死骸を調べて一番竜にダメージを与えられていなかったのは、
自分の攻撃だったと考えます。

一番効果が見てとれとのはルルちゃんの攻撃で、
明らかに違うと思い、自分との攻撃の質の違いを考えるポポル。

そこにヴヴンが突っ込んで攻撃を仕掛けてきます。

ポポル
(それは、私が一番苦手とする事…)
(だが、彼ならば…)
ポポルはヴヴンの攻撃を受け止めながら考えていました。

しかし、その最中。
ヴヴンの攻撃でポポルの眼鏡が壊れてしまいます。

すると、
ヴヴンから離れるポポルの様子が変わったことに気付きます。

ヴヴン
「その技、今までとまるっきり違うじゃねーか」
ヴヴンがポポルの攻撃の違いに気付きます。

ポポル
「牙(ファング)といいます」
「唯我独尊を、体現するような男の使う技です」
そう言って振り返るポポル。
そのポポルの顔つきが今までの冷静な表情から一転して、
攻撃的な表情になるのでした。

そんな面もできるのかと感心するヴヴン。

ポポル
「申し訳ありませんが、むちのめさせてもらいます」
言葉遣いは丁寧なものの激しい闘志を見せるのでした。

 

ラシルとノイシュ、気付いた力

ラト族がどんな想いを背負って
闘っていたのかを知ったノイシュ。
自分の攻撃が入らなかったことに納得します。

ノイシュ
(竜を倒すって意味を何一つわかっていなかった。)
(今まで知らずにぶんなぐって悪かったな。)
(これからはしっかり背負うぜ。)

ノイシュは心の中で竜に語りかけながら攻撃すると、
竜の首を真っ二つに切り落とすのでした。

ノイシュ
「そうか…これか…」

ラシルに続きノイシュも気付きます。

ノイシュ
「すべての感情のありったけ、」
「好意も憎悪も内包した、すべての想い…」

ラシル
「親愛、情熱、憤怒、郷愁、憐憫、慈愛」
「時別な技じゃない。ただまっすぐ、」
「自分のすべてをぶつけ、相手のすべてを受け止める意思と覚悟」

ラシル・ノイシュ
これが、虎気だ

【第52話】「虎気」の考察・感想

感想

戦いの最中、
ラシルとノイシュはドラゴンのことも、
技、虎気のことにも気付きましたね。

ラト族が背負ってる意味にようやく気付いて、
ノイシュドラゴンを倒すことが出来て、
ラシルの攻撃もガイに通じました。

確かに外からの方が見えることもありますね。

ラシルの言葉にツタ族の女王たちはどうするのか、
次回が気になります。

そして
ラト族とツタ族の因縁がどうなるかも気になります。
次回も楽しみです。

次回の週刊少年サンデー7号は1月16日の発売のようです!

蒼穹のアリアドネ次号は休載
第53話は、1月23日に発売の週刊少年サンデー8号に掲載されるようです。

次話
次話【第53話】「拳の意味」はこちらからどうぞ!

蒼穹のアリアドネ【第53話】最新話のネタバレ!ラシルとノイシュ!

2019年1月27日

青年マンガおすすめ100選!ジャンル別で作品を見つけやすい!

新しいマンガを読みたい!
というそこのあなたに向けて、
毎日マンガを読んでいる筆者がオススメするマンガを100作品紹介します!
 
“100作品もあると、決めるのに迷っちゃうよ!”
“作品が多すぎて、選ぶのに時間がかかる!”
“気になる作品は読みたいけど、わざわざ買うのは・・・”
こんな風に思っちゃいますよね。
 
でも、大丈夫!
ジャンル別に紹介しているので、好きなジャンルだけ見ればok!
そうすると、作品が絞られるし、選ぶ作品が少なくなって選ぶのに時間がかからない!
試し読みできるサイトも紹介しています。
 
それに紹介するのは青年マンガなので、エッチな描写が多い!
 
周りに人がいないか確認して、一人で気になる作品を吟味して下さいね♪
 

▼▼▼※注意※エッチな描写有り!▼▼▼

▲▲▲※注意※18歳以上!!▲▲▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です