蒼穹のアリアドネ【第53話】最新話のネタバレ!ラシルとノイシュ!

スポンサーリンク

2019年1月23日発売、週刊少年サンデー8号の最新話!

蒼穹のアリアドネを読んだので

【第53話】「拳の意味」のネタバレ・感想・考察をまとめました。

 

前話

前話【第52話】「虎気」を読んでいない方はこちらからどうぞ!

蒼穹のアリアドネ【第52話】最新話のネタバレ!意思と覚悟!

2019.01.10

※この記事はネタバレを含んだ内容になっております。

【第53話】「拳の意味」のネタバレ

ラト族の戦いの慣習

ノイシュはラト族と生活を始めた頃、
自分の拳と拳を勢いよく合わせていた。
それは、皆がドラゴンを倒す時にしているから、真似したら虎気使えるのではないかということだった。

しかし、ロックにはそれはそんなんじゃないと否定され、デオドラの前ではするなと注意されてしまう。

だが、ノイシュはすでにデオドラの前でやってしまっていた。
その時のデオドラは、怒られはしなかったが、悲しそうな顔でやめとけと言ったのだった。

ノイシュはロックにラト族とドラゴンの関係、ツタ族の関連を聞く事に。
ロックからは答えを聞く前に、デオドラにも聞いたのかと突っ込まれた。
ノイシュは、デオドラに聞きかけたけど、もっと悲しそうな顔をしたからやめたのでした。

ロックはそんなノイシュに満足そうに笑うと、
拳を胸の前で合わせる意味も含めて、時が来れば自然に知るだろうと言われるのだった。

 

ラト族の葬送の儀

ノイシュはドラゴンを前に両拳を合わせる。
その瞬間、ノイシュはこの動作が自分たちで言うところの合掌と気付いた。

ノイシュ
「今から送るドラゴンへの敬意を込めた、」
「ラト族の葬送の儀か」
ノイシュはラト族の想いに気が付くのだった。

ロックはそんなノイシュを見て微笑んでいた。

ノイシュはこれでラト族と同じものを背負ってしまった。
ラト族の因縁とは関係のない、真っ白な道を生きて欲しかったとデオドラ。

しかし、自分がフォトンキャリアーで、元々まっ白な道を生きてきたわけではない。
竜を倒すことで成り立つこの町で食べて寝てきた。
自分もとっくに関係なくはないというノイシュ。

それでもと食い下がろうとするデオドラにロックは、ノイシュをガキ扱いするのは限界と言います。

ノイシュは竜の鱗を貫いたのが何よりの資格。

ロック
「共に運命を背負う仲間の証明だ」
ノイシュ
「ここからが本当の、竜退治だ」

ロックたちが両拳を合わせると、一瞬考えたノイシュも両拳を合わせます。

その姿に驚いたデオドラは、必死で言葉を飲み込むのでした。

デオドラも両拳を合わせると、ノイシュに「後悔するな」と言うと、
ノイシュは「これで一緒に、墓場まで行ける」と言います。

そんなノイシュを「底ぬけの馬鹿」と言ったデオドラは、ノイシュと一緒に竜と戦うのでした。

 

ラシル

ラシルとガイは殴り合って戦います。

「スパイラル ブラスト サード」
と技を繰り出すラシル。

ガイはたかが光の攻撃で吹き飛ばされたことに驚きます。

ラシルはガイに攻撃しながら、ドラゴンに襲われて、
必死で出した一撃に手ごたえがあったから分かりました。

ラシル
「光の力はたかがじゃない」
攻撃を続けながらラシルは、攻撃が通らないのは、やっぱり自分たちの問題であり、
いつのまにか、ダメージも与えられる便利なエネルギーぐらいにしか考えていたが、それは違った。

ラシル
「光は、この世の初まりにして大きな力」
思いや気力をのっけて増幅し、虎気にも劣らない物だった。

そんな御託はいらないと攻撃してくるガイを避けたラシル。

余計な技省いて、それを確かめたと言います。
「サードは出せた」と言って攻撃するラシル。

「これが、フォース」
「次が、フィフス」
といって技を繰り出してガイに攻撃していきます。

ラシル
「俺の技は、9つめ(ナインス)まであるぞ」

 

隊長ブラド

ツタ族のヴラマンクと戦っていたルルロラ。

ブラマンクを倒したルルロラは、分身体を戻そうとします。

その時、それに反応したヴラマンクは飛び上がりました。
我以外なら終わっていた、自分を倒すには火力が足らないと言います。

泥人形の相手は飽きたと言ってトドメを指しに来るヴラマンク。

そんなブラマンクに蹴りを入れるラト族が現れます。

ブラド
「精鋭部隊(ナインズ)隊長ブラド、推して参る」

 

【第53話】「拳の意味」の感想

感想

考えに考えて、ノイシュもラト族が両拳を合わせる意味に辿り着きましたね。
最後までデオドラは反対してましたが、最後には折れました。

ようやくノイシュも嬉しいでしょうね。
デオドラの力になれるのですから。

ラシルの光の攻撃もツタ族に通じ始めて、驚いていましたね。
ラシルの戦いもノイシュたちの戦いも、隊長の戦いも気になりますね。

次回も楽しみです。

次回の週刊少年サンデー9号は、1月30日発売になります!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です