刀剣乱舞-映画【第2話】最新話のネタバレ!織田信長の最後!!

スポンサーリンク

2019年1月16日発売、週間少年サンデー7号の最新話!

刀剣乱舞-映画を読んだので

【第2話】「歴史」のネタバレ・感想・考察をまとめました。

 

前話
前話【第1話】「炎上」を読んでいない方はこちらからどうぞ!

刀剣乱舞-映画【第1話】最新話のネタバレ!本能寺・織田信長!!

2019年1月18日

次話【第3話】「異変」はこちらからどうぞ!

映画刀剣乱舞【第3話】最新話のネタバレ!生きていた織田信長!!

2019年1月26日

※この記事はネタバレを含んだ内容になっております。

【第2話】「歴史」のネタバレ

審神者(さにわ)

西暦二二〇五年、
歴史の改変を目論む「歴史修正主義者」によって、
過去への攻撃が始まりました。

時の政府はそれを阻止するため、
「審神者(さにわ)」なる者に、
歴史の守護役を命ずるのでした。

「審神者(さにわ)」とは、
物の心を励起し、
目覚めさせる技を持つ者のことでした。

そして、
審神者(さにわ)はかつて精神と技を込めて造られた、
刀剣を人の形に目覚めさせたのでした。

歴史修正主義者の送り込む時間遡行軍と戦い、
歴史を守るために。

これは――
刀剣から生まれた最強の付喪神――
刀剣男子による新たなひとつの物語。

 

本能寺

天正十年六月二日
京 本能寺

蘭丸
「殿! 今しばらく持ち堪えますれば、必ず増援が!」
敵を倒しながら信長に声を掛けます。

信長
「余がどれほど戦をしていると思う」
「そろそろ潮時じゃ」
不敵に笑う信長。

信長
「奥へ参る」
蘭丸に明智の兵どもを近付けさせるなと言い、
蘭丸にはその言葉の意味を感じ取ったのでした。

信長
「大義であった」
奥に消えた信長を見送り、
蘭丸はその場で明智軍と対峙し続けます。

外に溢れる時間遡行軍たち。

長谷部
「どんどん送り込まれてくる!」
送り込まれてくる時間遡行軍を倒していきます。

日本丸
「どんどん時間遡行軍が攻めてくる」
「これでは信長を逃がされてしまう」
時間遡行軍と戦っていると、
奥にいる蘭丸たちに気付きます。

不動
「信長側近の森蘭丸…歴史上はここで死ぬはずだ」
蘭丸の姿を見た不動行光は一瞬考え込むのでした。

蘭丸
「なんとしても殿を守ってみせる…」
「殿より授かりし刀剣…この不動行光にかけて…!」
蘭丸は決意し、刀を抜きます。

しかし、蘭丸はやられてしまうのでした。

不動
…ごめん
一言謝るのでした。

 

信長の顔を合わせる三日月

一人刀を手に取る信長。
そこに時間遡行軍が現れます。

信長
「何奴…?」
信長は冷静に聞くと、
三日月宗近が現れ、時間遡行軍を斬り倒します。

信長はじっとその様子を見つめています。

三日月
「少々御前を騒がせまするが、ご容赦を」
刀を収める三日月。

信長は斬られ消えていく時間遡行軍を見つめ、
三日月に問いかけます。

三日月
「あなた様は、ただなすべきことを」
三日月は信長に”やるべきこと”をするように促すのでした。

信長は三日月の言葉を鼻で笑います。

信長
「わしの天命なれば、わしが始末をつける」
信長の言葉に三日月は口元に笑みを浮かべ、
襖を閉めるのでした。

三日月
「仕事をさせてもらおうか」
三日月は時間遡行軍を迎え討ちます。

 

信長の最後

薬研は時間遡行軍の多さに苛立ちますが、
山姥切はこれくらいがちょうどいい様子。

二人の前に、
他の時間遡行軍とは明らかに違う時間遡行軍が現れ、
その速さに薬研が驚きます。

山姥切
「薬研よけろ」
山姥切がその時間遡行軍斬り倒すのでした。

その直後、
本能寺の方から大きな爆音が聞こえてきます。

薬研
「本能寺が…」
薬研と山姥切は本能寺を見つめます。

薬研
「これで歴史通り、あの中で信長さんが…」
腹を切ろうとする信長の姿を思い浮かべます。

本能寺の一室、刀を構える信長。

信長
「織田信長…明智光秀、謀反により死ぬる…か」
信長は自分の亡き後の右往左往を見たかったと言い、
「さぞ、面白かろうな…」
刀を抜いた信長は不敵に笑うのでした。

時間遡行軍を倒しきった三日月は静かに刀を収め、
信長の最後を感じ取ります。

天下統一を前に、
本能寺の炎に消える信長。

その遺体は骨一つ残すことなく灰となり、
ついに発見されることはありませんでした。

長谷部たちは本能寺を見つめ、
信長の最後を感じ取ります。

そこに、三日月が戻ってきて、
「本丸へ、戻ろうか」
と微笑むのでした。

 

羽柴秀吉

天正十年六月三日。


「お館さまが…京の本能寺にて…」
「ご自害なされました…!」
慌てた兵から陣で報告を受けた羽柴秀吉。

驚いた秀吉は後ろに倒れると、

秀吉
「誰かウソじゃと言ってくれ」
駄々っ子のように地面の上でじたばたとするのでした。

秀吉
「もう二度と、わしを猿と呼んで、くださらんのか…」
呆然と空を見つめる秀吉。

秀吉
「お館さまは、もういないのだな…!」
秀吉の口元には笑みが浮かんでいるのでした。

 

【第2話】「歴史」の考察・感想

感想

長谷部たちは複雑ですね。
信長の最後の時代に来て。
信長と顔を合わせたのは三日月。

どちらも冷静でしたね。
さすが信長と言うべきなんでしょうね。

それぞれに複雑な想いを抱えていて、
それぞれに乗り越えてましたね。

本能寺の変も終わり、
次回、どうなるのか気になりますね。

次回も楽しみです。
次号の週刊少年サンデー8号は、1月23日発売のようです!

【知ってる?】最新巻を無料で読む方法!

あなたは、『最新巻を無料で読む方法』を知っていますか?

 
どんな方法かというと、
電子書籍サービスを使うことで最新巻を無料で読むことができます。

 
電子書籍サービスには登録すると無料ポイントがもらえるサイトが有り、
その無料ポイントで最新刊を読むことができます。

U-NEXTで最新巻を無料で読む

一番オススメなのがこのU-NEXT
U-NEXTの特徴
  • 初登録で600ポイントが無料でもらえる
  • 31日間の無料キャンペーン
  • 書籍数-17万冊以上(雑誌-70冊以上読み放題)
  • 動画配信数-見放題9万本以上、レンタル5万本以上
31間の無料体験キャンペーンに登録することで、600ポイントがもらえます。
その無料ポイントで最新巻を無料で読むことができます。

 
もちろん、無料キャンペーン中に解約すればお金は一切かかりません♪
 

 

▼今すぐ読む!無料体験で600ptゲット!▼


 

▼簡単!登録方法▼


 

▼登録する前に解約方法の確認♪▼

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です