銀河英雄伝説【第 124 話】最新話のネタバレ・感想!クーデターが起きるまで!!

2018年12月13日発売、ヤングジャンプ2019年2号特大号の最新話!

銀河英雄伝説を読んだので

【第124話】「ヤン・ウェンリー大将 イゼルローン要塞 クーデター勃発Ⅱ」のネタバレ・感想をまとめました。

※この記事はネタバレを含んだ内容になっております。

【第 124 話】「ヤン・ウェンリー大将 イゼルローン要塞 クーデター勃発Ⅱ」のネタバレ

ジャガイモ

クブルスリー大将がフォークに腹を撃たれます。
クブルスリー大将がフォークにより襲われ、
重傷を負わされたニュースは全同盟を驚倒させた。

軍はナンバー1の席を不在にもできず、とりあえずの代行に就いたのは、
小心で神経質な男ドーソンであった。

ビュコックは溜息をつきます。

制服軍人のナンバー1が、統合作戦本部長。
ナンバー2は、宇宙艦隊司令長官。

ビュコックは臨時で1,2の兼任を打診されたが、それを断っていた。

ビュコック
「まさか、あのジャガイモが代理とは…」
頭を抱えてしまいます。

部下
「ジャガイモってなんですか?」

ビュコック
「かつて、ドーソンが第一艦隊の後方主任参謀をしていたときの話じゃ…」
当時の話を始めます。

 

後方主任参謀になったドーソン。

ドーソンは、いきなり各艦の調理場のゴミ箱を見て回り、
全艦に向けにあることを発表したのです。

ドーソン
「ジャガイモが八〇キロむだに捨ててあった!!」
「吾々は、食糧の浪費をいましめねばならない!!」

ドーソンは全艦に通達します。

そして、あるときは
士官学校時代、ドーソンより席次が一番だけよかった男がいました。
その男が何かで失敗して降等され、ドーソンの下についた時、
徹底的にいびりぬいたという、嫉妬深い男だというのです。

ビュコックがドーソンがいびりぬいたと話すと、部下が怯えた声を出します。

ビュコック
「兼任を辞退したのは、テロの標的を分散するためであったが、」
「これでは、わしがやったほうがましだったかな」

今回の人事を後悔するビュコックでした。

 

統合作戦本部。

部下
「惑星ネプティス、カッファー、パルメレンド、シャンプールの四か所の反乱のことです」
「首都星の艦隊を差し向けるべきかと」

部下がドーソンに四か所で起きた反乱を報告します。

ドーソン
「地方に行く燃料代だってばかにならんのだぞ!!」
「首都星で大規模なテロが起こったら、私たちはどうなる!」

経費と自分たちの心配をして、部下を怒鳴りつけます。

しかし、
ドーソンは地図を見て何かを思い付き、不適に笑いました。

 

ヤン提督の災難

ヤン
「――というわけで」
「吾々だけで四か所の反乱すべてを、可及的すみやかに鎮圧することとなった」

ヤン提督は眠そうに嫌そうに伝えます。

部下からは、イゼルローン要塞が空になってしまう事に不安の声があがります。

ドーソンから
“帝国は大規模な内戦状態にあるから大丈夫”
“ヤン司令官は心おきなく軍人としての責任をまっとうされた”
とヤン提督は命令されたと言います。

キャゼルヌ
「ヤン、アンドリュー・フォークの襲撃もクーデターの作戦の一環と思うか?」
とキャゼルヌがヤンに聞きます。

ヤン
「おそらく」

キャゼルヌ
「えらく緻密な計画だな」
「まずはトップを消し、軍の機能マヒを狙ったのだ」
今回の計画を分析します。

アッテンボロー
「いったい軍の中の何人が裏切っているんですかね?」
「リーダーとか、誰なんでしょう?」

ヤン
「主犯は大勢に支持されるそれなりの地位のある人間だとは思うのだけど」
ヤンはクーデターの主犯が誰か考えます。

 

ユリアンとの時間

要塞内 ヤン提督の部屋。

ヤン
「ローエングラム候の狙いは地方で叛乱を起こし、首都星の兵力を分散させることだったはずだ」
「ドーソン大将は私に全部やらせることで、それを回避した」
「用兵家としては凡庸という評判だけど、それが逆によかった」
ヤンは今回のことでドーソンを褒めます。

しかし、
ヤンはこき使われたことを疑問に思います。

ユリアン
「気づいてらっしゃらなかったんですか!?」
ユリアンはヤンが気付いていなかったことに驚きます。

ドーソンは40半ば、ヤンは30歳。
歳が離れてることにヤンが気づきます。

ユリアン
「それですよ。これほど、年齢がちがうのに階級は同じ大将でしょう」
「ビュコック提督みたいなかたでもないかぎり嫉妬しますよ」
ユリアンに明るく指摘されて、ヤンは納得するのでした。

ユリアン
「四か所すべてをいちいち攻撃するのは、時間と手数がかかりすぎますね」
ユリアンは洗い物をしながら、今回の命令のことを話します。

ヤン
「うん。なるべく楽をして勝とうという私の主義にも反する」
「お前ならどうする?」
ヤンはソファに寝転がったまま、ユリアンに作戦を聞きます。

ユリアン
「僕なら、四か所の敵のすべてを一か所に集めてそれをたたく!!」

ヤンはニヤリと笑います。

ヤン
「いいアイデアだが、難点がふたつある」

“1つ目-どうやって四ヶ所の敵を一ヶ所に集めるか”
“2つ目-敵は分散させて各個劇はすべし”
ヤンはユリアンの意見の難点を指摘します。

ヤン
「一か所に集まるのを待つ必要はない」
「敵が集まろうとするルートを想定して、各個攻撃するんだ」
ヤンは攻撃の仕方を説明します。

ヤン
「別の方法もあるぞ・・・」
ユリアンは洗い物をしながら、ヤンの話を聞いています。
ユリアンはヤンの思考とヤンの思想を、ひとつひとつ熱心に吸収していきます。

ヤン提督の知識は泉のごとく湧いてくる。
十五歳だったヤン提督に足元にも及ばないが、少しでも向上して手助けしたい。
ユリアンは思います。

この積み重ねが将来、
民主共和制の軍事的リーダーとなるユリアン・ミンツに大きな影響を与えたのでした。

 

クーデター軍

首都星ハイネセン 某所。

真っ暗な暗闇の中、テーブルを囲む8人の男達と反対を向いている一人の男。

「どうする?」
「予定では首都星の兵力は分散されるはずだったが…?」
「想定内だ!」
「少々予定は狂ったが作戦を実行に移そう!」

立ち上がった男が促します。

「リンチ少将が考えたこの作戦案は、私から見ても非常に緻密で成功の可能性が極めて高い!」
「さあ同志たちよ。腐りきったこの国を立て直そうじゃないか!!」
賛同を求めます。

「おおぅっ!!!」
男たちは決起します。

反対を向いていた男は小さく笑います。

リンチ
(踊れ、踊れ)
(帝国の掌の上とも知らずに踊り続けるがいい…)
とリンチは男たちの行動を笑います。

 

クーデターの首謀者は……!?

それから、間もない四月一三日。

ヤンが幕僚たちと反乱鎮圧について話し合っているとき…

グリーンヒル
「ヤン提督! 首都星ハイネセンでクーデターです!!」
フレデリカ・グリーンヒルが焦ったように報告します。

ヤンは思ったより早くにクーデターが起きてしまったことに驚きました。
グリーンヒルがクーデターを起こした人たちがマスコミに声明を流している映像を繋ぎます。


「くり返しここに宣言する!!」
と映像が流れ始めます。


「宇宙歴七九七年四月十三日、吾々、『救国軍事会議』は首都ハイネセンを実効支配のもとにおいた!!」
「同盟憲章は停止され、救国軍事会議の決定と指示が、すべての法に優先する!!」
男が演説します。

ヤン
「救国だの、愛国だの、憂国だの、みなさん、ごたいそうなことだ」
呆れたようにつぶやきます。

ヤン
「グリーンヒル大尉、ビュコック提督や他の要人は?」
ヤンは提督たちの安全を確認します。

グリーンヒル
「首都星は混乱の中にあるようで、まだ不明です!」
とグリーンヒル大尉はモニターを見つめながら確認していきます。


「それでは、市民および同盟軍の諸氏に救国軍事会議の議長を紹介する!!」
男は一歩下がります。

アッテンボロー
「ついに主犯のご登場か!?」
アッテンボローは身を乗り出します。

男が画面の前に歩いてきます。

グリーンヒル
「――えっ!?」

その姿を見たグリーンヒル大尉が驚いて立ち上がります。
言葉を無くして画面を見続けます。

その人物が画面いっぱいに映ると、

グリーンヒル
「お父さん……」
グリーンヒル大尉は呟くように言います。

 

 

同じく2018年12月13日発売、ヤングジャンプ2019年2号特大号に
同時掲載されていた最新話はコチラ

AKECHI【第12話】最新話のネタバレ・感想・考察!完全犯罪計画書!!

2018年12月17日

【第124話】「ヤン・ウェンリー大将 イゼルローン要塞 クーデター勃発Ⅱ」の感想

感想

物語は、かなり難しいことになっていますね。
嵐の前の静けさのように、まだクーデターは起きていません。
クーデターという混乱が今にも起きそうな中、ヤンは相変わらず落ち着いていますね。

そして、クーデターの一応の首謀者が現れ、それがフレデリカのお父さん。

次がどう進んでいくのか気になりますね。

 

次話【第125話】「ヤン・ウェンリー大将 イゼルローン要塞 ヤン艦隊出動!Ⅰ」はこちらからどうぞ!

銀河英雄伝説【第125話】最新話のネタバレ・感想・考察!ヤン艦隊、出動!!

2018年12月20日

青年マンガおすすめ100選!ジャンル別で作品を見つけやすい!

新しいマンガを読みたい!
というそこのあなたに向けて、
毎日マンガを読んでいる筆者がオススメするマンガを100作品紹介します!
 
“100作品もあると、決めるのに迷っちゃうよ!”
“作品が多すぎて、選ぶのに時間がかかる!”
“気になる作品は読みたいけど、わざわざ買うのは・・・”
こんな風に思っちゃいますよね。
 
でも、大丈夫!
ジャンル別に紹介しているので、好きなジャンルだけ見ればok!
そうすると、作品が絞られるし、選ぶ作品が少なくなって選ぶのに時間がかからない!
試し読みできるサイトも紹介しています。
 
それに紹介するのは青年マンガなので、エッチな描写が多い!
 
周りに人がいないか確認して、一人で気になる作品を吟味して下さいね♪
 

▼▼▼※注意※エッチな描写有り!▼▼▼

▲▲▲※注意※18歳以上!!▲▲▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です