ゴールデンカムイ【第192話】最新話のネタバレ!岩息の大冒険が始まる!?

スポンサーリンク

 

2019年2月28日発売、週刊ヤングジャンプ14号の最新話!

ゴールデンカムイを読んだので

【第192話】「契約更新」のネタバレ・感想・考察をまとめました。

 

〜二階堂と宇佐美の元に訪れる謎の男。
アイヌを名乗る彼が雪山で見たものとは…?〜

 

前話
前話【第191話】「故郷の水」を読んでいない方はこちらからどうぞ!

ゴールデンカムイ【第191話】最新話のネタバレ!宇佐美のアレが入れ替わるっ!?

2019年2月28日

※この記事はネタバレを含んだ内容になっております。

【第192話】「契約更新」のネタバレ

忙しいんだ

扉絵は、滝に股間を打ち付ける宇佐美上等兵。

左「もしかして私たち…」
右「おしかして俺たち…」

「「入れ替わっちゃう~!?」」

菊田特務曹長の話を聞き、
真っ暗な暗闇で下駄を履く男について疑問を持つ宇佐美。

宇佐美
「冬でも雪下駄というのがありますし
暗闇を逃げて行ったとて目が慣れてただけかもしれないし

一体それのどこが変な話なんですか?まったく」

宇佐美は再び股間を滝に打ち付ける。

宇佐美
「僕は忙しいんだッ」

菊田
「本人からも聞いたらいい…なあ?有古一等卒」

有古
「下駄の音がしたんですが…雪に残された足跡が
下駄ではなかった わら長靴の足跡でした」

宇佐美
「…で?何をそんなに怪しんでいるんだ?」

菊田
「他にもあっただろ有古」

有古
「来ていた服が…気になったんです 妙な柄の服で」

二階堂
「どんな?」

有古
「それがよく見えなくて…なんといえばいいのか…」

二階堂
「あんたら戦争終わってから
ずっとここでのんびりしてたから ボケたんだ

宇佐美
「コラコラ二階堂…」

有古&菊田
「……」

その夜、宿舎で話の続きをする4人。
有古は元々アイヌの人間で、
山奥にいた理由はアイヌにしか知らない秘湯に行っていたから。

妙な男の正体もアイヌではないか、と宇佐美は聞くが、
アイヌの服ならわかると返す有古。

菊田
「俺はその話が妙に気になったんだがなぁ 気にし過ぎかなぁ?」

リラックスしている菊田をマッサージしているのは、トニアンジだった。

菊田
「按摩さん知らない?」

トニアンジ
「アイヌの変わった文様の服ですか?
さあ…今度見かけたら教えますよ」

宇佐美
「あはッ言うねえ」

旅立つスヴェトラーナ

亜港近辺 ニヴフ民族の集落にやってきた、杉元達。

建物の作りや衣服など、アシリパ達とは違った作り方をしている。

アシリパ
「わたしたちはちょっと違ってちょっと似ている
北海道にいたら知らなかった」

そんな集落の建物内部にて、
寝込む尾形と、月島。

鯉登や谷垣、杉元も同室で暖を取っています。

谷垣
「どうして尾形はキロランケと組んでいたのか
この男が少数民の独立に共感するとはおもえないが」

鯉登
「本当に純粋に金塊が欲しいだけなんだろうか」

杉元
「そうであってほしいね 気兼ねなく殺せる

月島
「スヴェトラーナ」

重症が故、倒れながらスヴェトラーナに声をかける月島。

月島
「俺は島を出たいアンタの気持ちもわかるし
無事を知りたいご両親の気持ちもわかる…

岩息について行って大陸へ渡れ

岩息本人は、外でオソマ達と戯れている。

月島
「だが手紙を必ず書け…俺が帰りに届ける
生きていることさえわかれば 真っ暗な底からは抜け出せる

スヴェトラーナ
「わかった約束する…
あたしこの島から逃げることばかり考えてた

監獄でソフィアというひとがいたの
とっても強い女性だった」

旅支度をしたスヴェトラーナと岩息は、皆に手をふり大陸を目指していきます。

スヴェトラーナ
「あたしもソフィアみたいに強くなって
首都サンクトペテルブルクで成り上がる

金持ちになって両親を呼び寄せるわ!!」

解説
スヴェトラーナと岩息はこのあと
大陸でなぜか大冒険を繰り広げるのだが
それはまた別の話

契約更新

二人を見送るアシリパと杉元。

杉元
「アシリパさんもおばあちゃんに元気な姿を見せなきゃな」

アシリパ
「鶴見中尉は許さないんじゃないのか?私がコタンに戻るのは」

杉元
「たしかに…刺青人皮の暗号を解くまでは離さないだろうな
でも奴らにとってアシリパさんが必要なのはそこだけだ
土方歳三よりはマシさ」

アシリパ
「どうして?アチャは土方歳三と協力させるために
私に金塊を託したのでは? あのときアチャから何か聞いたか?」

杉元は、当時ののっぺらぼうに
「アシリパは山で潜伏し戦えるよう……育てた……私の娘は…アイヌを導く存在…」
と、言われたことを思い出します。

杉元
「いや何も…」

アシリパ
「金塊を見つけることでアチャがなぜ殺されたのか
真相がわかるかもしれない

杉元はどうするんだ?鶴見中尉に協力して刺青を集めるのか?」

杉元
「従うつもりはねえけど刺青人皮を全部取られたし
現状で一番金塊に近いのは鶴見中尉だ
まずは金塊を見つけてやるさ」

アシリパ
「じゃあまだ道は同じだな私たち…」

杉元
「そうだな 相棒の契約更新だ

杉元は、「金塊を見つけてすべて終わらせる アシリパさんをこの金塊争奪戦から解放するんだ」
そう心に誓うのでした。

ここで、192話は終了します。

 

スポンサーリンク

【第191話】「故郷の水」の考察・感想

考察

「今更按摩なんかできねぇ」といっていたトニアンジガ登場しました。
土方たちとは離れたのでしょうか?
スパイとして潜入している可能性もありますね。

スベトラーナと岩息と一旦お別れとなりました。
この二人が大冒険するというスピンオフが、実際あるのかどうか定かではありませんが、
後々物語に再登場してほしいですね。月島のためにも。

感想

2週連続でまさかの宇佐美の金玉ネタ炸裂。
扉絵でいきなりパロディで切り込んできました。

アシリパと杉元のコンビがまた新たなスタートを切れそうで安心です。
相棒の契約を更新した二人。
金塊のための人皮はなくなりましたが、重要な鍵をにぎるアシリパがいます。
アシリパのためにも、アイヌのためにも、金塊争奪戦を制してほしいですね。

次回、193話収録の週刊ヤングジャンプ15号の発売日は2019年3月14日(木曜)です。

【知ってる?】最新巻を無料で読む方法!

あなたは、『最新巻を無料で読む方法』を知っていますか?

 
どんな方法かというと、
電子書籍サービスを使うことで最新巻を無料で読むことができます。

 
電子書籍サービスには登録すると無料ポイントがもらえるサイトが有り、
その無料ポイントで最新刊を読むことができます。

U-NEXTで最新巻を無料で読む

一番オススメなのがこのU-NEXT
U-NEXTの特徴
  • 初登録で600ポイントが無料でもらえる
  • 31日間の無料キャンペーン
  • 書籍数-17万冊以上(雑誌-70冊以上読み放題)
  • 動画配信数-見放題9万本以上、レンタル5万本以上
31間の無料体験キャンペーンに登録することで、600ポイントがもらえます。
その無料ポイントで最新巻を無料で読むことができます。

 
もちろん、無料キャンペーン中に解約すればお金は一切かかりません♪
 

 

▼今すぐ読む!無料体験で600ptゲット!▼


 

▼簡単!登録方法▼


 

▼登録する前に解約方法の確認♪▼

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です