【ピタゴラスイッチ】アルゴリズム体操・行進の歌詞は?実はあの人たちも出演していた!

Eテレの大人気番組である、ピタゴラスイッチ

2002年の放送開始から長らく愛される人気番組です(*^_^*)

その放送開始の年から現在も続いているコーナーがアルゴリズムたいそうです(‘ω’)

思わず一緒にやってみたくなってしまう簡単なたいそうなんですよ♪

2003年には、アルゴリズムたいそうから発展した、アルゴリズムこうしんも登場。

今回は、この2つのコーナーにスポットを当ててみたいと思います!

 

そもそも、アルゴリズムって何か知っています?

まず、アルゴリズムって何だろう?って思いますよね(・・?

調べてみたところ、アルゴリズムとは「計算可能」なことを計算する形式的な手続きのこと だそうです。

小学校で習う、掛け算や割り算の筆算を思い浮かべてみて下さい( ..)φ

位を揃えて書いて→一の位にかけて→十の位にかけて…と、手順で計算していきます。

この手順で計算処理が出来るという流れがアルゴリズムということなのです(゚∀゚)!

簡単に言えば、ある方法や手順を遣えばこんなことが出来るんだよ!ということですかね(´ー`)

 

アルゴリズムたいそうってどんな体操?

アルゴリズムたいそうでは、一人では意味のない動きが、二人並んで動くと関連性のあるものになる

という部分がアルゴリズムにあたります(*‘ω‘ *)

このことを踏まえて、実際どんな動きが関連するのか…

例えば、「しゃがむ」という動作、同じタイミングこの横で「腕を横に振る」という動作を組み合わせてみます。

すると、「しゃがむ」動作は「横に振られた腕を避ける」動作になるというわけです(・∀・)

 

アルゴリズムたいそうの歌詞と振り付け


こっちむいてふたりでまえならえ(2人が同じ方向を向いて、前者は腰に手を当て、後者は前ならえ)

あっちむいてふたりでまえならえ(反対方向を向いて、先程と同じく前者は腰に手を当て、後者は前ならえ)

てをよこに あらあぶない(一人は腕を隣の人の方向に振る、もう一人は頭を守りながらしゃがむ)

あたまをさげればぶつかりません(先程腕を振った人は頭を守ってしゃがむ、もう一人は腕を隣の人の方向に振る)

ぐるぐるぐる ぐるぐるぐる ぐーるぐる(両手を前でぐるぐる回し、ぐーるぐるの所で隣の人と片手ずつ一緒にぐるぐる回す)

ぱっちんぱっちんガシンガシン(上下に両手をタッチ→肘でクロスするようにタッチ)

すってはくのがしんこきゅう(手を広げて深呼吸(ラジオ体操第二の最後に行う深呼吸))

ぶつかりそうでぶつからなかったり、二人の動きがきちんと嚙み合っているのがよくわかります^^

一人で練習のパターンもあるので、まずはそこで練習をして動作を覚えてみるといいかもしれません(^-^)

 

>>【ピタゴラスイッチ】嘘だと思うならやってみなのやり方やコツを紹介!実際にやってみた!

 

アルゴリズムたいそうの人は誰?

アルゴリズムたいそうに出演しているのは、お笑いコンビのいつもここからのお二人です(‘ω’)

画面左側に山田一成さん、右側に菊池秀規さんの並びで体操をしています。

もこのお二人が担当されています♪

元々、バンドを始める為のメンバー募集で出会ったそうですが、突如お笑いへと目覚めて結成されたとか(*‘∀‘)

なるほど…だからお二人ともリズム感がとても良いんですね☆

 

>>【ピタゴラスイッチ】新しい生物とは?!種類や一覧を紹介!実はあなたのそばにもいるかも…!?

 

いろんな人とアルゴリズムたいそう!

このコーナー、いつもここからのお二人と色んな職業の方々が一緒に体操をしています☆

一緒にアルゴリズムたいそうをしたみなさん

アナウンサーのみなさん(ピタゴラのナレーションでおなじみの徳田 章さんもいます)

「おかあさんといっしょ」のお兄さん・お姉さん・テレビ体操のみなさん

京都の舞妓さん・バスガイドさん

楽天イーグルスのみなさん・浦和レッズのみなさん

南極地域観測隊のみなさん  などなど☆

2019年1月放送のEうた♪ココロの大冒険というEテレの特番内にて、人気アイドルグループの

King&Princeのみなさん・人気俳優の佐藤二朗さんも参加しました(*^^*)

人形浄瑠璃の人形遣いのみなさん貨物船ではたらくみなさんといっしょの回では、

文楽や貨物船について解説映像も併せて放送されました。

色々な職業についても学べるんですね(=゚ω゚)ノ

 

>>【ピタゴラスイッチ】ビーだまビーすけのDVDはある?ビーすけの全シリーズを詳しく紹介!

 

特別版のアルゴリズムたいそう!?

実は、ピタゴラスイッチ内で、過去の映像をつなぎ合わせた「とくべつへん」が放送されたことがあるんです(。-`ω-)

百科おじさんの「ワシのみたい名作コーナー」の第2弾として2016年3月に人気の回が一挙放送されました☆彡

 

アルゴリズムこうしんって?

アルゴリズムたいそうを発展させた行進で、2003年度から始まりました。

アルゴリズムたいそう同様に、いつもここからのお二人が出演、歌も担当されています(*‘∀‘)

ここでのアルゴリズムは…二人以上が列になり、輪唱(例:かえるの合唱)のように

一人ずつ動きをずらして行うことにより、前の人と後ろの人の動きが関連性を持ったものになる

というところです(^o^)

上手に動きがかみ合うと、ぶつかりそうでぶつからない何とも絶妙な動きのある行進です♪

2010年以降には、通常の1.5倍・2倍の速いテンポで行進する、アルゴリズムこうしんMAXが登場(/ロ゜)/

勿論、一人で行進バージョンもあるので、練習にピッタリです☆

 

アルゴリズムこうしんの歌詞と振り付け


いっぽすすんでまえならえ(前ならえの動作)

いっぽすすんでえらいひと(腰に手を当て偉ぶった感じで反り返る)

ひっくりかえってぺこりんこ(後ろを向いてお辞儀をする)

よこにあるいてきょろきょろ(進行方向右を向いて、手を額にかざしてキョロキョロ見回す)

ちょっとここらでひらおよぎ(向きを直し、平泳ぎのように大きくかく)

ちょっとしゃがんでくりひろい(大きくしゃがんで栗を拾うポーズ)

くうきをいれます しゅうしゅう(空気入れのポンプを2回押す動き)

くうきがはいって ぴゅうぴゅう(腕を2回横に開く)

ここで再び最初の動作に戻ります。2巡したら、先頭の人が

そろそろおわりかな(手をぐるぐる体の前で回す)を3回繰り返したら、全員で片足を上げ、

手はウ〇トラマンのようにしておわり

一人ずつ動作をずらして行うので、最後の方の人はしばらく一歩ずつ進むだけになってしまい、

タイミングを間違えないかハラハラしそうですね(;^_^)

 

>>【ピタゴラスイッチ】おとうさんスイッチに驚きのあの人も登場!作り方は?歌は誰が歌ってる?一挙ご紹介☆

 

いろんな人とアルゴリズムこうしん!

アルゴリズムこうしんも色んな職業の方が参加されています!

一緒にアルゴリズムこうしんをしたみなさん

レーシングチームのみなさん・横浜中華街のコックのみなさん・忍者のみなさん

水族館のスタッフのみなさん・川崎フロンターレのみなさん・プロレスラーのみなさん

海上保安庁のみなさん・JAXA宇宙科学研究所のみなさん  などなど…★

世界的なパフォーマンス集団・ブルーマンのみなさんや、二足歩行ロボットのASIMOのみなさんまで、

いつもここからのお二人と一緒にアルゴリズムこうしんをしているんです☆(=゚ω゚)ノ

 

まとめ

放送開始年から始まり、現在まで長く続いているコーナーって実は数が少ないんです…

ずっとずっと続いているということは、このたいそうとこうしんが沢山の人に愛されている証拠だと思います☆

実際にやってみると、意外とアレ?って戸惑ったりしちゃうんですよ(;’∀’)

まずは、ご家族の皆さんでアルゴリズムたいそう・アルゴリズムこうしんを楽しんでみて、

お友達とも挑戦してみるのも楽しいと思いますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です