仮面ライダーセイバー【18話】ネタバレと感想!飛羽真の決意!

倫太郎たちとの溝は深まってしまったけど、メギドからユキを分離させて救出ができた。

そして今回、ライダーあるあるの『人の話を聞かない』ことが飛羽真の心境の変化をもたらした。

ユキの救出、倫太郎たちとのやりとり、ユーリの過去について…など、今回もいろんな展開があった。

今回は「仮面ライダーセイバー【18話】炎の執念、メギドを討つ。あらすじと感想」についてご紹介します☆彡

仮面ライダーセイバー あらすじ

ユーリの指摘

芽衣からの抗議に、

「剣士にできることは斬ることだけだ」

と言い張るユーリ。

 

そして、“ユキを救いたい”と主張する飛羽真に対して、

「“世界を救いたい・人も救いたい・真実を掴みたい”という信念はあるが、何も出来ていない」

と叱責し、「甘すぎる」と指摘する。

 

ユーリの指摘で“自分の無力さ”を実感し、何も言い返せない飛羽真は「一人になりたい」とノーザンベースの基地に向かう。

 

雷の剣を見つめ、思い悩む飛羽真に声を掛けるユーリ。

「オレは、君たちをずっと見てきた」

と言う言葉に驚く飛羽真に、ユーリは自分たちは1度アヴァロンで会っていることを伝える。

 

そして、自分自身について打ち明け始めるユーリ。

・アヴァロンに【アーサーの力】を封印したのがユーリ自身であること

・かつてユーリ自身も剣士の一人であったこと

・光の剣と同化した理由は、“光の剣が悪用されるのを阻止するため”であること

・剣士として当然のことをしたので後悔はなく、むしろ“最高”であるということ

などを飛羽真に伝える。

 

“現在の世界は、昔よりとても深刻な状況に陥っている”というユーリ。

ワンダーワールドと一度繋がってしまったために“大いなる力”を手にするものが必ず現れる、と危惧しているようだ。

そして、その脅威である存在は《メギド》だけでないと指摘する。

 

【アヴァロンの力】を手に入れたことは、『世界を守る運命を手にした』ということだと伝え、

「強大な力を使って、世界を救う覚悟があるか」を飛羽真に問う。

 

その言葉を聞いた飛羽真は、

「“真の敵”と戦うために、力が必要だったから覚悟を決めた」と言っていた上條を思い出す。

倫太郎たちとの再会

サウザンベースで玲花から、セイバーと最光がメギドと戦ったことを聞かされる倫太郎たち。

それを聞いた倫太郎は、飛羽真が“裏切り者”ではないと少し安心するが、蓮から「飛羽真が言っていることを信じるのか」と問われる。

飛羽真を信じたいが、ノーザンベース内に“真の敵”がいるとは思えない倫太郎。

 

倫太郎と蓮の様子を見ていた大秦寺が重たい口を開く。

「飛羽真と話す必要がある」

と言って、倫太郎とともに飛羽真のいる場所に向かう大秦寺。

 

悩む飛羽真の前に現れた倫太郎と大秦寺の2人。

大秦寺から、“大いなる力”を求めているのかと問われた飛羽真は否定する。

しかし、「カリバーに騙されている」という倫太郎の言葉にも否定する飛羽真。

 

上條のやり方は間違っていたが、自分に託した言葉に偽りはなかったと反論する。

「オレのことを信じてくれないか」と伝える飛羽真だが、倫太郎は返答できなかった。

 

飛羽真と倫太郎たちのやりとりを見ていたユーリは、

「剣士同士が戦うことは言語道断だ」

と諭す。

 

そして、倫太郎と大秦寺に、

「間違っているのは君たちだ!」

と一喝する。

 

今のソードオブロゴスに“正義”はなく、倫太郎たちが信じている“正義”を疑うべきだ、と言い切るユーリだった。

イエティメギド出現

飛羽真たちが屋上で話しをしている中、イエティメギドが現れて街の人々を凍らせ始める。

倫太郎はすかさずブレイズに変身して、イエティメギドと戦い始める。

ブレイズの攻撃からメギドを守る飛羽真の姿に、混乱を隠せない倫太郎。

 

「このメギドは人間なんだ」と倫太郎に必死に説得しようとする飛羽真。

しかし、“ホモサピエンス”がメギドになるなんてあり得ないと考える倫太郎は、飛羽真の言葉を受け入れない。

また、ユーリから「メギドを斬れ」と言われても拒否する飛羽真に対して、不信感を抱いてしまった倫太郎はメギドへの攻撃をさらに続ける。

 

ブレイズの攻撃からイエティメギドを守ろうとするセイバー。

そんな中、セイバーとブレイズはイエティメギドの攻撃によって氷にされてしまった。

 

スラッシュと戦いながらも、セイバーたちの様子を伺っていた最光が“光の力”によって氷を溶かした。

動けるようになった倫太郎は、強力な一撃をイエティメギドに放つ。

 

ブレイズの強力な一撃からイエティメギドを身を挺して守った飛羽真だが、大きな傷を負ってしまう。

それを見たユーリは“光の力”を使って、飛羽真を連れてその場を去る。

芽衣との“約束”

芽衣に傷の手当をしてもらいながらも、「なんとかしないと」と焦る飛羽真。

そんな飛羽真に「君は一体何がしたいんだ」と問いかけるユーリ。

その言葉に対して飛羽真は、「今はユキさんを救いたい!」と答える飛羽真に、

「だったら斬るんだ!」と即答するユーリ。

 

その様子を見ていた芽衣は、ユキへの想いを話しながら、

「剣士も大事な仕事だと分かっているけど、どうしてもユキさんを助けてほしい」

と今の“想い”を伝える。

そんな芽衣に、

「オレが助ける。“約束”する!」

と答える飛羽真だった。

 

「世界を守ること=その世界に生きる人たちを守ること」

と改めて自分の信念を伝える飛羽真。

それを聞いたユーリは、1000年前とは“世界を救う”という意味が変わっていることに気付き、飛羽真の信念を見せてほしいと伝える。

 

信念を伝えた飛羽真は、メギドと本を分離させる方法はまだ思いついてなかった。

そんな飛羽真の前で、いつものように玩具で遊ぶユーリ。

その様子を見ていた飛羽真は、分離させる“ある方法”を思いつく。

ユキの救出

戦いの場についた飛羽真たちの前に、人間の姿で現れたユキ。

目の前でイエティメギド化する様子を見た芽衣は、ショックのあまりその場に座り込んでしまう。

 

レジエルとイエティメギドを相手に戦いが始まる。

セイバーはイエティメギドと、最光はレジエルとそれぞれ戦う。

最光がレジエルに優位な戦いをしている一方、セイバーはイエティメギドの攻撃を受けるだけだった。

そんなセイバーの戦いを見ていて心配する芽衣と、不思議に思うユーリ。

本の完成まであと一撃というのに、反撃をしようとせずにいるセイバー。

そして、とうとうイエティメギドの最期の攻撃により凍らされてしまったセイバー。

 

イエティメギドの雄たけびと共に、完成された本がイエティメギドの体内から放出された。

その瞬間、氷を割って飛び出したセイバーが本に一撃を加える。

 

すると、本と分離して人間の姿のユキが飛び出してきた。

本と人間を分離させることに成功した飛羽真の姿を見たユーリは、

「運と度胸があるようだ」

と感心する。

そして、

「君の覚悟、確かに見届けた。やはり君は力を使う運命にあるようだ」

と言って、飛羽真に自分を振ることを指示する。

 

ドラゴニックナイトに変身したセイバーは、《光剛剣最光》を使ってレジエルたちを圧倒する。

イエティメギドは撃破できたが、レジエルは「覚えておけ」と言い残して消え去る。

飛羽真の覚悟

迷うことから吹っ切れた飛羽真。

 

『世界を守るため、仲間を説得して分かってもらう』

という覚悟をユーリに伝える。

その覚悟に共感したユーリは「力を貸す」と言い、自分は“ソードオブロゴスを正す”ことを伝える。

 

今回の飛羽真の作戦は危険すぎた、と注意するユーリ。

そして、「光剛剣最光で斬っていれば、最初から人間と本を分離出来た」を明かす。

 

セイバーが光の剣を使ったことにより、サウザンベースではさらに危機感を強めていた。

 

「このままだと、神山飛羽真が“大いなる力”を手に入れてしまうことになる」

と告げると、

「あなたの“覚悟”は決まりましたか」

と、気持ちの揺らぐ倫太郎に“覚悟”を迫る玲花だった。

仮面ライダーセイバー 考察と感想

それぞれの信念が強すぎる…

自分の“信念”がないと戦いなんて出来ないのは分かるんだけど、あまりにも「〇〇だ!」が強すぎな気がした回だったかなぁ~。

中立な立場の人が居なさすぎる…。

だからなのか、話し合いにもならないから余計に悪循環…。

まさにユーリが言っていた「混乱の極み」!!

 

ただ、《仮面ライダーセイバー》という物語自体が、初盤から「混乱の極み」だったのかもしれない…。

展開の早さといい、人の出入りの激しさといい、ライダーの多さといい…(;´∀`)

 

特に、蓮の暴走は度を越えすぎ!!

蓮の感情の暴走も「混乱の極み」の一因になっているんじゃないかな…。

賢人LOVEが強いのはいいけど、あまりにもお子ちゃま過ぎるのも目に余る…。

剣士として、自分の感情を少し抑える努力をして欲しい。。。(;・∀・)

蓮の感情の暴走を止められるのは賢人しかいないと思うから、賢人の早い復活を望みます(笑)

>>【仮面ライダーセイバー】シナリオのモチーフはアーサー王伝説が有力?!各キャラクターの元ネタを公開!

ユーリの考え方が良い!

上記の「ヒーローあるある?!」とは対照的だったシーンを、今回観られたのが良かった(゚∀゚)

自分の考えばかりでなく、相手のことも受け入れるって大切だよね~♪

 

玲花の言葉を簡単に信じて、飛羽真の話を聞こうとしないサウザンベースにいるメンバーに伝えてあげたい。

「人の話はきちんと聞きましょう」

「相手の考え方を批判ばかりしないで、きちんと話し合いましょう」

と。

“今回の”ユーリを見習ってほしいね(´ー`)

 

ただ、物語内だけの問題じゃなく、現実的にもとても教訓になることでしたね(‘◇’)ゞ

観ている子供たちにも伝わっているといいなぁ~と思えるシーンだった!!

ありがとう、制作陣の方々☆彡

>>【仮面ライダーセイバー】裏切り者はサウザンベースに?!キーマンの神代は変身するの?!

玲花の心理戦がエグイ!

サウザンベースのあの雰囲気(うす暗い状態)と、玲花の単調な話し方と抜粋された情報提供。

まさに、人を操る方法のまんまじゃん(笑)!!

えっ?!サウザンベースって監獄なの(;゚Д゚)?!。。。って観るたびに思うんだけど…。

 

それに、メギドが動きだしているのに戦いにも参戦させず、ただひたすら飛羽真へのマイナス感情を植え付けていく玲花の様子がエグイすぎる…。

そこに違和感も疑問も持たない倫太郎たちも、個人的にはどうなってるんだ、、、と思ってはいるのだけれども。。。(;´∀`)

まぁ、倫太郎は心底ソードオブロゴスのことを信じ切っているから仕方ないのかな。

 

今回の終盤には、そんな倫太郎の気持ちを利用して、玲花が倫太郎の心理を揺さぶっているし…。

やっぱりピュアな人ほど操りやすいんだろうなぁ~(-_-;)

でも、「超」が付くくらいのピュアな倫太郎を弄ばないで~(;´Д`)

 

>>【仮面ライダーセイバー】次期カリバーは誰になる?!あの意外な人物が次のカリバーの正体に!

「覚悟を超えた先に、希望はある」のか?!

 

今回、やっと?飛羽真が“覚悟”を決めましたね(゚∀゚)

ってことは、「覚悟を超えた先」に待ち受けているのは“希望”なんだろうか…。

次回、大秦寺さんとの対峙があるそうです。

もしかしたら、その対峙を通して大秦寺さんとの和解がある!のかもしれません(´艸`*)

 

個人的に大秦寺さん推しなんで、「飛羽真の仲間になって登場回数が増えて欲しい♪」っていう気持ちのほうが強いんですが…(笑)

でも、今後の展開を考えても、ここらへんで誰かが飛羽真の考え方や“想い”に同調してもいいんじゃないかな…。

このまま飛羽真と仲間たちの仲違いが主軸っていう展開は、、、ツマラナイですしね(^^;)

“真の敵”がメギド達でないようなので、早く本格的な「剣士vsメギドたち」の対峙が見たい~!!

そのためには、仲間割れの解決が先なんだけど。。。

倫太郎との和解はまだ先になっちゃいそうだな~(;´∀`)

 

そういえば、デザストが全く出てこなくなったんだけど、一体どこにいらっしゃるんですかね(゚∀゚)

仮面ライダーバスターとの戦いシーンがもう一度見たいなぁ~♪

因縁?!の関係っぽかったけど、その背景が何も見えないままになってるし。

15年前にバスターと何があったのかが知りたい!!

 

ちなみに、デザストの立ち位置ってどんなんだろう…?!

メギドたちの仲間だと思っていたけど、違うみたいだし…(‘Д’)

上條さんの飼い犬的な存在なのか、上條さんに支配されていただけ。。。なのか?!

15年前の出来事のときも居たから、もしかしたら賢人の父親と何かしらの関係があるのかな^m^

 

ただ、重要なポジションにいる感じはしないし、“真の敵”でも全くなさそうだし・・・

このまま出てこないってことはないとは思うけど、“ポッ”と出てきて倒されそうな気はする(;^ω^)

“咬ませ犬”的な感じは否めないけど、独特な感じは面白いからデザスト出現が楽しみ~♪

仮面ライダーセイバー まとめ

今回、なんといっても『人の話を聞かない!』『伝えることが曖昧過ぎる』という人とのコミュニケーションに不可欠な部分の欠落が激しかった。。。(´ー`)

しかも、中立的な立場の人がいないから、色んなことが悪循環な展開になってきちゃてるという最悪な展開。。。

それぞれが“自分の信念”を押し付け合うのをずっと観ているのも、なんか辛いもんがあるんだね…(^^;)

中盤位からお腹いっぱいな状態だったし。。。

出来れば、「押す」「引く」のバランスが調和されている展開もいくつか欲しいかな。。。(;´∀`)

今後の展開に期待したい♪

次回予告

「剣で示せ!」という大秦寺さんの言葉に、飛羽真がどう対応するのかが見どころですね♪

ちなみに、メギド化する人間探しをストリウスが動き始めたことも、個人的にはワクワクしていますが(´艸`*)

ストリウスが作るメギドはどんな姿なんだろう♪

 

次回は1月24日(日) 9時~ です☆彡

新たな展開になる!…かも(゚∀゚)♪

いや、そうなって欲しい!と強く願うのみ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です