仮面ライダーセイバー【19話】ネタバレと感想!大秦寺との和解は近い?!

「王様になる!」というので、色んな意味で期待してしまった今回(゚∀゚)

また、大秦寺さんとの対峙のシーンもあったり、ストリウスらしいメギドの使い方だったり。。。

ハラハラ・ドキドキというわけではなかったのですが、個人的には今までの中で一番楽しめた回だった気がします(´艸`*)

そして、おなじみのユーリの行動(笑)

今回もツッコみ部分が満載だったユーリの行動も見逃せませんでした♪

今回は「仮面ライダー―セイバー【19話】炎と光、剣と剣。ネタバレと感想」についてお伝えしますね☆彡

仮面ライダーセイバー【19話】 あらすじ

ユーリの危機感と飛羽真の希望

『メギド以外の脅威=ソードオブロゴス』にも気を付けることを指摘するユーリ。

ユーリは現状にとても危機を感じていた。

なぜなら、サウザンベースには倫太郎をはじめとする剣士が複数集まっているからだ。

ユーリが危惧するワケ

●多数の「本」と「聖剣」が集まると復活

●剣士はそれぞれ「本」と「聖剣」を持っている

●現在、複数の剣士がサウザンベースに集まっている

 

組織の中にいる〝真の敵〟を見つけ出そうと焦る飛羽真は、

「聖剣と本が集まれば〝真の敵〟も現れるだろう」というユーリの言葉にある希望を抱く飛羽真。

それは、“ルナとの繋がり〟だった。

 

そんな飛羽真にユーリは、

・ルナが2つの世界を繋ぐ存在であれば、組織が放っておかないこと

・はるか昔に2つの世界を繋いだある女性がいたこと

・ルナが飛羽真を選んだワケは、飛羽真が力を手にする運命にあるかもしれないこと

を伝える。

 

メギドたちの新たな計画

完成した本を飛羽真に破壊されたレジエルは、「本は完成していたんだ!」と叫びながら怒りをあらわにする。

そんなレジエルに対して、

「破壊されたら意味がない」、「また作ればいい。本は着々と出来ている」と言うズオス。

 

レジエルとは対照的に、余裕そうに笑うズオスだった。

なぜなら、ズオスとストリウスは、ワンダーワールドと繋がっている人たちの体内に“本”を埋め込んでいたのだ。

 

ストリウスは、ジオラマ作りをしている男子高校生の前に現れる。

「君の夢をかなえる力をあげましょう」

と言いながら、男子高校生の体内に“白い本”を埋め込んだ。

男子高校生から生まれたのは、《王様メギド》だった。

 

《王様メギド》は街に出て、“車を使った城壁〟を作り出し始めた。

しかし、飛羽真たちが現れると、戦うことなく姿を消したのだった。

飛羽真たちは困惑するが、その様子を見ていたストリウスは「それでいい」と呟いて去っていく。

 

剣士たちの心境に変化…?!

玲花から、

・飛羽真が光の剣を使ったこと

・不審な行方不明の背景に、メギドと飛羽真が関与している可能性があること

などを伝えられ、混乱する倫太郎。

「証拠はない!」と言い張る倫太郎だが、目の前でメギドを庇った飛羽真のことを指摘されると言い返せなかった。

そして、蓮はさらに飛羽真への敵対心を増していった

 

思い悩む倫太郎と怒りを抑えきれなくなっている蓮に、

・飛羽真はまだ悪いことをしていない

・自分たちの知らないことを、飛羽真はしっているかもしれない

と言って、なだめる尾上。

 

そして、今やるべきことは、

・メギドと戦うこと

・ソフィアを救い出すこと

と伝えるのだった。

 

一方、大秦寺は

「今のソードオブロゴスに正義はない。」

という、ユーリの言葉が引っかかっていた。

 

そのことを大秦寺から聞いた尾上は、

「組織を信じる気持はあるが〝見極め〟も必要だ」と冷静な判断をする。

 

そして大秦寺は、

「火炎剣烈火と光の剣の真意を探るために剣を交える」と言って尾上と別れる。

 

ストリウスとの戦い

飛羽真の本屋に現れた男子高校生・来島慎吾。

慎吾は飛羽真のジオラマに憧れていると伝え、自作のジオラマを見せながら〝自分の夢〟について語る。

その時、急に苦しみだして本屋を出ていく慎吾を追いかける飛羽真。

 

道端で苦しむ慎吾を見つけて近づこうとする飛羽真の目の前で、《王様メギド》に変身した慎吾。

「必ず助ける!」

と言って、驚きながらも変身する飛羽真。

 

ユーリも変身して《王様メギド》に攻撃を始めるが、突如現れたストリウスが攻撃の邪魔をする。

「余計なことはしないでもらいましょう」

といってメギド化したストリウスは、分身した3体の姿で参戦してきた。

3体1での戦いに苦戦する中、ユーリの“光の力”で分身2体が消えた。

 

その戦いの中、《王様メギド》は“車の城壁〟を着々と積み上げていた。

 

スラッシュの参戦

最光シャドーに変身したユーリの前に現れたのは、スラッシュだった。

「あなたの真意を知りたい」

と言って、最光シャドーに攻撃を始めるスラッシュ。

最光シャドーの攻撃に驚くスラッシュと、スラッシュの反撃の剣技に興味を示すユーリ。

 

そのとき、スラッシュの前にセイバーと戦っているストリウスが現れる。

「ソフィアを返せ!」と言いながら攻撃を続けるスラッシュだが、失踪に関与していない様子のストリウスの態度に驚きを隠せなかった。

 

メギドたちの退散

セイバーと最光シャドーがストリウスと戦いっている中、《王様メギド》に攻撃を始めるスラッシュ。

それを見たセイバーは、「メギド化しているのは男子高校生なので、攻撃をやめてほしい」とスラッシュに伝える。

一瞬驚くスラッシュだが、「それは出来ない!」といって再びメギドへの攻撃を始める。

 

すると、メギドの中にいる男子高校生・慎吾が助けを求める姿が重なって現れる。

それを見て、驚愕したスラッシュは攻撃を止める。

その一瞬の隙に、ストリウスは《王様メギド》と一緒に消え去ってしまう。

 

剣を交えるセイバーとスラッシュ

ストリウスたちが『本をつくるために人間をメギド化している』という事実を改めて伝える飛羽真。

混乱する大秦寺だが、“飛羽真が力を求めていること〟に対する不信感をぶつける。

「本で不幸になる人を救いたい」

と、スラッシュへの言葉を否定する飛羽真

 

そんな飛羽真に対して、「ならば、剣で示せ」とセイバーに伝えるスラッシュ。

止めようとするユーリに対して、「これはオレがやらなきゃいけないこと」と言い返す飛羽真。

 

スラッシュと剣を交えた飛羽真だが、スラッシュはセイバーの攻撃を交わし続ける。

圧倒的な力と技でセイバーを追い詰めていくスラッシュ。

セイバーの必殺技を吸収して、逆にその攻撃をセイバーへの反撃とするのである。

 

セイバーが追い詰められる形の戦いは、芽衣の持つ本が光ったことで一旦休戦となる。

変身を解いた飛羽真は、芽衣たちとともにメギドが現れた場所に向かう。

その姿を見ていたスラッシュも変身を解き、「おまえの剣からは何も響いてこない…」と呟く。

 

>>【仮面ライダーセイバー】めいちゃんがライダーに変身する?!【ネタバレ有】

 

仮面ライダーセイバー【19話】 感想と考察

《王様メギド》が戦わないワケとは…・?!

今回のメギドは、飛羽真たちが現れると消えたり、街の人々に危害を加えたりしていません。

ストリウスと飛羽真が戦っているときも参戦することなく〝車の城塞〟を作っていました(;・∀・)

では、なぜ《王様メギド》は戦わないのか…?!

 

《王様メギド》の中にいる人間が「ジオラマ好きの男子高校生」だから

だと考えられます。

男子高校生・来島慎吾は、“自分の夢”をジオラマにして楽しむ人間です。

戦って作り上げるのではなく、モノを使って作り上げるほうが好きなのです。

そのため、“戦う”ではなく〝車=モノ〟を使って作り上げているのではないでしょうか(*”▽”)

そう考えると、〝車の城塞〟を完成させることが《王様メギド》の本が完成するときなのかもしれませんね!

>>【仮面ライダーセイバー】シナリオのモチーフはアーサー王伝説が有力?!各キャラクターの元ネタを公開!

 

ストリウスが《王様メギド》を選んだワケとは…?!

〝戦わないメギド〟は、まさにストリウスの性格を表すメギドだと思ったのは私だけでしょうか。。。(^^;)

ストリウスは頭の良いメギドであり、陰湿度100%のメギドです(笑)

一気にいくタイプでなく、着々と物事を遂行するタイプです(゚∀゚)

ジオラマ制作はまさに〝着々と遂行するもの〟です!

なので、ストリウスからするとド・ストライクのタイプだったはずですよね♪

 

しかも戦わなければ、

「メギドが分離されることはない」

「完成した本の破壊もされない」

というメリットもあるのです。

ストリウスのことなので、きっとそこまで考えているんだろうなぁ…(´ー`)

 

仲間も平気で裏切りそうなタイプ。。。

個人的には『友達になりたくないタイプ』!!

ただ、“悪い部分”をとことん出してくるストリウスが気になることも否めない(笑)

なので、今後のストリウスの動向に興味津々なんです(´艸`*)

どんなことを仕掛けてくるのかなぁ~…って、今後のストリウスの計画も楽しみでしょうがないんです♪

 

>>【仮面ライダーセイバー】裏切り者はサウザンベースに?!キーマンの神代は変身するの?!

 

大秦寺との和解は近い…?!

「…おまえの剣から何も響いてこない…」

そのセリフの背景が気になるところです!!

色んな意見があるようですが、私は個人的に〝良い意味〟での言葉なんじゃないか…と感じています。

なぜなら・・・

大秦寺さんの中で『組織は絶対の正義』ということに対する疑念が生まれているからです(・∀・)/

「その〝組織への不信感〟が飛羽真との和解を近づける」という事になるんじゃないか、と思うのですが。

 

1⃣ユーリの言っていた、「ソードオブロゴスは正義ではない!」というセリフを気にしている

何か気掛かりなことがなければ、ユーリの言う「ソードオブロゴスは正義でない!」というセリフを気にすることはないはず(´ー`)

 

飛羽真を信じたいと思う気持ちか、組織に対する小さな不信感なのかは分からないが、

『組織は正義である』ことに対する疑念を持ちつつあることは確か。

(次回予告での内容にもあるし。)

2⃣ソフィアの失踪にメギドが関与している可能性は低い、と知った

これは大きな衝撃だったはず!

玲花からソフィアの失踪に飛羽真が関わっている。。。みたいなことを匂わされていたから尚更驚いたはずなぁ…(;´∀`)

メギドじゃなければ、思い当たるのは『組織』じゃない?って

鈍感な人でも思うような展開だし(笑)

 

まぁ、 勘の良い大秦寺さんがそこを不信に思わないわけがない!!

次回、きちんと尾上さんに報告しているみたいだしね(゚∀゚)

尾上さんも引き入れて、このまま飛羽真と和解していく。。。という展開になるはず♪

(というか、もういい加減、誰かが和解しないと今後も似たような感じの展開が続いてもしょうがないしね…^^;)

 

 

 

>>【仮面ライダーセイバー】次期カリバーは誰になる?!あの意外な人物が次のカリバーの正体に!

今週のメギド 【王様メギド】

「高校生が王様になる」っていうことで期待しちゃった今回(・∀・)

たしかに高校生が《王様》にはなったけど。。。

 

想像していた《王様》とはちょっと違ったけど、アドリブのセリフが面白かったから良い(笑)

特に、「腹、かゆっ・・・」ってセリフがウケた(≧◇≦)

次回のセリフにも期待してしまってます♪

 

王様メギド

 

 

仮面ライダーセイバー【19話】 まとめ

仲違いしている飛羽真とほかの剣士たちとの、和解が近づく音が聞こえてきてますね~(´艸`*)

個人的には、最初に和解するのは大秦寺さんであって欲しいと願うのですが…。

ただ、次回はとうとう蓮が暴走するようです…(^^;)

蓮の暴走によって今後の展開がどうなるのか…という所も見どころの一つになるかもしれないですね(汗

 

ちなみに、デザストが久々に登場するみたいですし、今から楽しみです(´艸`*)

ただ、レジエルと戦っているシーンがあるのが気になります。。。

もしかして、デザストも仲間になるのか…?!

 

次回も一波乱起こりそうですが、それはそれで楽しみですね(*”▽”)

飛羽真と蓮は和解できるのか…?!

デザストの立ち位置は一体どうなっているのか…?!

《王様メギド》はどうやって戦うのか…?!

大秦寺さんと尾上さんは、どんな決断を下すのか…?!

などなど…

いろいろと気になることが満載です(笑)

次回予告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です