仮面ライダーセイバー【23話】ネタバレと感想「セイバーの暴走フォーム登場!」

とうとうその姿を現した『暴走フォーム』!

仮面ライダーの“あるある”の一つになってきている『暴走フォーム』ですが、今シリーズは水色という可愛らしい色使い(´艸`*)

ただ、なんだか仮面ライダーオーズの暴走フォームを彷彿させたのは制作側の意図なのでしょうか。

今回、ソードオブロゴス内部が明らかになったことも見どころでしたね♪

飛羽真を誘導した衛兵やマスターロゴスの謎、暴走フォームの圧倒的な破壊力…など、今回も色んな要素が盛り沢山。

今回は「仮面ライダーセイバー【23話】荒れ狂う、破壊の手。ネタバレと感想」についてをお伝えします☆彡

 

仮面ライダーセイバー あらすじ

 

「メギドの犠牲になった人を救い出す方法は必ずある!」

という飛羽真に、

「真の敵を探して組織を正す。それがメギド全滅と世界を守ることになる」

と言うユーリ。

 

大秦寺から、組織のトップであるマスターロゴスには玲花が現れてから会えなくなってしまったこと聞いた芽衣はある提案をする。

その提案とは、《マスターロゴスに直接会いに行くこと》だった。

大秦寺は反対するが、飛羽真とユーリは賛同する。

 

 

一方、自分の計画をより安定させるためにソードオブロゴスにある『禁書』を奪おうと考えるストリウス。

結界が張られているロゴスへの侵入方法を聞くズオスに、街に出て暴れることを提案する。

そして、「セイバーと戦いたい」と言うレジエルも唆して街に行かせる。

 

ストリウスの考える侵入方法は、剣士たちのブックゲートが開いているときに入り込むこと。

そのためにズオスたちを街で暴れさせる必要があるのだ。

 

 

飛羽真たちは尾上を呼び出していた。

「マスターロゴスに直接接触すること」「ソードオブロゴスに潜入するために尾上のブックゲートを使わせて欲しい」ことを伝える。

その計画を聞いた尾上は、

「都合の良いこと言うな。オレは組織の剣士だ」

と言って立ち去っていく。

 

茫然としている飛羽真たちだが、芽衣が尾上が残していってくれた『ブックゲート』の本を見つける。

尾上の“想い”を感じた飛羽真たちは尾上へ感謝の意を示す。

 

その時、芽衣の持つ本がメギド出現を知らせる。

飛羽真と大秦寺はソードオブロゴス潜入へ。

芽衣とユーリはメギドのいる街へと向かう。

 

 

ストリウスの計画通り街で暴れ始めるズオスと、その様子を遠くから見つめるレジエル。

そしてストリウスの思惑通り、ズオスを追ってきた倫太郎と蓮がブックゲートから出てくる。

ズオスだけに集中している倫太郎と蓮は、近くに潜んでいたストリウスに全く気付いていなかった。

 

「さーて、行きますか」

倫太郎たちに気付かれずにブックゲートの前に現れたストリウス。

その時を待っていたストリウスは、倫太郎たちが出てきたゲートが閉じる前に入り込みソードオブロゴスへと侵入した。

 

 

「待っていたぞ、水の剣士。」と喜ぶズオス。

「俺のことは無視かよ」と少しひねくれる蓮。

「なんだ、炎の剣士はいないのか」と言って、その場を去っていくレジエル。

「行きますよ」といって変身しようとする倫太郎。

 

倫太郎と蓮の2人は、それぞれ変身してズオスに攻撃を始める。

 

 

飛羽真と大秦寺は、尾上のブックゲートを使ってソードオブロゴスに潜入することに成功する。

しかし、急に鳴り始めた警告アラームに驚く飛羽真と大秦寺。

潜入がバレたのかと心配する飛羽真だが、「早すぎる」と冷静に判断する大秦寺。

 

そんな中、玲花の姿を見つけた2人はマスターロゴスのいる場所へと急ぐ。

 

 

ブレイズたちとズオスの戦いは続いていた。

そんな中、ズオスがブレイズに対して、

「“アレ”になれ。本気で来い!」

と挑発を始めた。

「お望みとあらば、お見せしましょう」

ズオスの挑発にのって『キングライオン大戦記』に変身したブレイズは、再びズオスへの攻撃を始める。

 

「やっぱ、こうじゃねーとな」

本気になったブレイズにさらに喜ぶズオス。

「ここで師匠の仇、取らせてもらいます」

と意気込むブレイス。

 

そこに到着した芽衣とユーリ。

ユーリは最光エックスソードマンに変身して戦いに参戦する。

 

「お前に勝って、お前を組織に持ち帰る」

最光エックスソードマンを見つけた剣斬は、ズオスではなく最光に襲い掛かり始める。

 

 

サウザンベースに潜入したストリウスの前に現れたのは、マスターロゴスだった。

すかさず攻撃するストリウスだったが、マスターロゴスは持っている本でその攻撃を受け止める。

「素晴らしい力だ」と興味を示したストリウス。

 

「あなたは始まりの人ですね」

マスターロゴスからそう言われたストリウスは不気味に笑う。

そして、『禁書』をいただきにきたことを伝える。

 

 

ストリウスの侵入によってサウザンベース内では、衛兵が慌ただしく動き回っていた。

そこに危機感を感じた大秦寺は脱出を促すが、飛羽真は聞く耳を持たずに一人で進み始めた。

「この状態での計画を困難だ」と尾上は伝えに来るが、飛羽真はすでに先走ってしまった後だった。

 

「こっちです」

一人でマスターロゴスを探す飛羽真の前に現れた衛兵がブックゲートを開いた。

飛羽真も急いでそのあとを追うが、出てきた先で『禁書』を手にしたストリウスと鉢合わせる。

飛羽真を連れてきた衛兵は、すでに消え去っていた。

 

「目的は果たしました」

そう言って本の中に入っていくストリウスを追いかけて、飛羽真もその本の中に入っていく。

 

 

「永い間封印されてきた、人類にとってとても危険な禁書です」

ストリウスからそう言われた飛羽真は、その『禁書』を取り戻すためにセイバーに変身して攻撃を仕掛ける。

 

「ちょうどいい、この禁書を試してみましょう」

そう言ってストリウスが本を開くと、本の中から骨の手が現れた。

その骨の手は空中に伸びた後、地上を強く叩きつけた。

その衝撃はすごく、飛羽真は変身を解除されてしまう。

 

「まさかここまでとは…」

『禁書』に秘められた力が想像以上だったことに驚くストリウス。

ストリウスが驚いているすきに、飛羽真はいそいで『禁書』を取り返す。

そこに現れたレジエルは、怪人化して飛羽真に襲い掛かる。

 

 

レジエルからの攻撃を受けて倒れた飛羽真。

すると飛羽真が持っていた『禁書』が開き、さきほど現れた骨の手が飛羽真の体に巻き付いた。

『禁書』がライドブックへと変わったとき、飛羽真の目の色も変わる。

 

そして飛羽真はその本を使って『セイバープリミティブドラゴン』に変身し、叫びながら覚醒するセイバー。

セイバープリミティブドラゴンとなり、圧倒的な力でストリウスやレジエルに攻撃を仕掛け始める。

 

セイバーの覚醒に嫌な気配を感じた最光とブレイズたちは、セイバーが戦う場所へと向かう。

 

 

ストリウスたちと戦うセイバーの姿を見た最光たちは、その豹変ぶりに驚き茫然とする。

「今の飛羽真に意識はない」

飛羽真の意志とは関係なく、暴走していることを告げる最光。

 

この戦いから引くことを勧めるストリウスだが、レジエルは聞く耳を持たない。

攻撃を続けるレジエルに対して強烈な一撃を放ったセイバープリミティブドラゴン。

 

「なんて力だ・・・」

セイバープリミティブドラゴンの圧倒的な力によって変身が解かれたユーリと倫太郎たち。

攻撃を放ったセイバーも変身が解かれ、飛羽真の姿のまま倒れ込んでしまった。

>>【仮面ライダーセイバー】ソードオブロゴスの裏切り者は飛羽真?!怪しい人物を徹底検証!

仮面ライダーセイバー 考察と感想

飛羽真たちのサウザンベース潜入は成功したけど、目的は達成されてません(;´∀`)

まぁ、まさかストリウスも同じときにサウザンベース潜入をするなんて思いもしないですもんね(笑)

 

今回の潜入によって気になることがありました!

そのことについて個人的な考察と感想をご紹介します☆彡

 

気になる2人

飛羽真たちの潜入によって登場した2人の存在がとても気になります(・∀・)

その2人とは・・・

一人は《マスターロゴス》。

もう一人は《飛羽真を誘導した謎の衛兵》。

 

個人的には、2人は同一人物なんじゃないか…と感じています(゚∀゚)

SNSでもそういった考察も多いですしね♬

 

衛兵が誘導した先に『禁書』を手にしたストリウスが現れました。

それって偶然なんかじゃなく《謎の衛兵》によるものだったような気がします!

ストリウスが『禁書』を手に入れるために潜入していることを知っているのは、ストリウスと話したマスターロゴスだけ。

・・・ということは、マスターロゴスは『禁書』を手にしたストリウスが出て行くことも知っていた。

そのタイミングと合わせて飛羽真を誘導した、と考えることもできますよね(゚∀゚)

 

それに、セイバーが『プリミティブドラゴン』に変身したときに含み笑いしたマスターロゴス。

飛羽真が暴走することを予測出来ていたのでは…?!

そうなるように仕掛けたのでは…?!

マスターロゴスの意味ありげな笑いもまた気になるところです…。

 

それに、画面に映し出されるマスターロゴスの口元と《謎の衛兵》である相馬圭祐さんの口元は似ている気がして。。。^m^

まぁ、「同一人物なんじゃないか…」という偏った気持ちがあるから似ているように見えるんじゃないの?という指摘を家族から受けましたが。。。(笑)

【口元が似ている=同一人物】という浅はかな考察ではあるんですが、こういう考察もあっていいかな…という気持ちで大目に見てください(^^♪

それに、これはあくまでも個人的な考察ですのであしからず。

>>【仮面ライダーセイバー】次期カリバーは誰になる?!あの意外な人物が次のカリバーの正体に!

マスターロゴスとデザストの関係

「あなたが今のマスターロゴスですか」

ストリウスの言葉がとても気になって仕方ありません!

「今の」ということは、「前の」マスターロゴスがいたと考えられますよね。

私は以前の記事で【デザスト=マスターロゴス】と考察している、と書きました。

デザストが「前の」マスターロゴスだとするなら、デザストを生み出したストリウスがその発言を放ったことは納得いきます。

 

それに、「あなたは始まりの人ですね」というマスターロゴスの言葉も引っかかりますよね。

マスターロゴスって2000年前の本に載っていた後ろ姿の人たちにいましたよね…?!

赤いロングコートが同じですし。。。

もし2000年前からマスターロゴスがいたとした場合、その言葉を放ったということは「今の」マスターロゴスは2000年前の人とは違うということなのでしょう。

そう考えると、デザストが「前の」マスターロゴスだという考察も全く違うとは言い切れないような気がしてきました(゚∀゚)

デザストが「前の」マスターロゴスだったら興奮しちゃいます♪

デザストの正体が明らかになるのはいつなのだろうか…^m^

楽しみがまた増えました!

>>【仮面ライダーセイバー】タッセルの正体を考察!タッセルは敵なのか味方なのか?!

マスターロゴスが“真の敵”?!

「今の」マスターロゴスが“真の敵”であるかどうかはまだまだ確定できません!

ただ、ストリウスが簡単に『禁書』を手に入れたことがとても気になりますし、マスターロゴスの持つ本の秘めたる力も気になります。。。

ストリウスの攻撃を受け止めるほどの力ですし、ストリウス自身もかなり興味を示してましたしね(゚∀゚)

それに、上記の内容でも触れたように「今の」マスターロゴスと「前の」マスターロゴスがいるようですし…。

 

グレーの状態ではあるけど、それが実は味方であるという可能性もありますよね…(゚∀゚)

もしかしたらマスターロゴスが剣士に変身する、という可能性も“無きにしも非ず〟ですしね♬

敵となるのか、仲間となるのか。。。

マスターロゴスが今後の展開にどう関わってくるのか、とても気になるところですよね!

 

>>【仮面ライダーセイバー】めいちゃんがライダーに変身する?!【ネタバレ有】

>>【仮面ライダーセイバー】シナリオのモチーフはアーサー王伝説が有力?!各キャラクターの元ネタを公開!

仮面ライダーセイバー まとめ

今回は剣士同士の戦いは無しで進むんじゃないか…と期待していたのに、剣斬が最光エックスソードマンに戦いを挑むという残念な結果になってました(-.-)

剣士同士の戦いを見飽きてるのは私だけじゃないはず。。。(汗

尾上さんとの完全な和解もまだだし、倫太郎・蓮の2人との和解はまだ先になりそうだし…。

「vs剣士」という展開はいつまで続くのだろうか。。。

 

そして、今回セイバーの暴走フォームが登場しました!

この暴走をだれが止めるのだろうか…。

そういったことも今後の見どころの一つとなりそうですね♬

ちなみに、SNSでみつけたこの内容に妙に惹かれました!!

今後の展開を表していたんですかね(´艸`*)

全然気づかなかった~!!

 

次回予告

次回、久々に《カリバー》が登場するようです!!

上條さんでなく、もしかすると賢人ではないか・・・と期待大です(´艸`*)

暴走するセイバーと久しぶりに登場するカリバーの戦いも見逃せませんね♬

次回予告でここまでワクワクするのは、今シリーズ初かもしれません(笑)

賢人復活の兆しもみえる…?!かもしれない展開に期待せずにはいられません!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です